RS系サーボギア交換時間短縮法


土壇場でのサーボのギア交換方法について、寝ている間によい方法を思いつきました。
ギア欠けの場合、今までは下の2つのどちらかで対応していました。

【ギアのみ交換する】

  メリット→安くできる。ケーブルはそのままでも大丈夫。

  デメリットサーボケースの清掃まで含めると、かなりの手間と時間がかかる。
        適当に交換した場合は、その後に改めてプラ破片を清掃するメンテが必要。
        断線が問題だった場合は解決しない。

【サーボを丸ごと交換する】

  メリット→比較的簡単。サーボの復活は確実。断線が問題だった場合も同時に解決。

  デメリットボードまでのケーブル配線を、改めて行う必要がある。
        ケーブルタイを外したり、ボードのネジを開けたりと、それなりに手間。
        部位によりまちまちなケーブル長の調整も必要

この2つの方法は、それぞれ善し悪しがあります。
リストアップして改めて気づくのは、サーボの丸ごと交換も万能ではなく、ケーブルタイをバラしたり、ケーブル長を調整したりと、時間がかかる要素が含まれていることです。
ギアのみの交換もだいぶ慣れたつもりではありますが、ケース内に残ったプラ屑の清掃を完全に行うのというのはなかなか難しく、せっかくギア交換してもまたすぐに調子が悪くなってしまうという場合も多く経験しました。




今回思い至った第三の方法は、上記2つのいいとこ取りハイブリッドです。

【ギアとケースをセットで交換する。(=基盤と裏蓋以外を新品と交換する)】

  メリット→ケーブルはそのままでOKなので短時間に作業ができる。
       うまくいけばギアを組む必要もない。
       サーボケースの内部が新品のため、その後のメンテや不具合からも開放。
       設定変更の必要がある完成サーボ等も、ギアの予備として使える。

  デメリット→モーターを引き抜く必要があるので、モーター自体に若干のダメージがあるかも?
        予備のケースとギアを組み合わせたセットを事前に準備する必要がある。
        ケーブルに断線があった場合や、基盤に問題があった場合には、解決しない。




th_CIMG3506.jpg

要は写真の右側のユニットを丸ごと交換するという単純な話なのですが・・・
改めて写真を見ると、ちゃんとそういう交換方法を促す設計になっているようにも見えます。(笑)
常識だったかもしれませんすみません。

経緯はさておき、正解に近いとおぼしきギア交換方法にたどり着けたので、
試合当日のギア欠けに関しては物量作戦でメンテ時間と効率を短縮することが出来そうです♪
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この方式ならたぶん例の参加賞も即戦力になりますよね^^

確かに

今までの方法より効率的ですね。
モーター部分を引き抜けないと思ってたので、試してみたことがありませんでしたが、今度チャレンジしてみます。先日の練習会では、半日で同じ肩のサーボを4回もギアのみ交換したので、それなりに手早くはなったのですけど、大会当日は少しでも早く交換終わらせたいですからね。
プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク