膝サポーター装着


先日からゆるゆると作成していた膝サポーターパーツですが、装着してみました。

設計図や概念は↓
膝サポートギアを作る(1)

切削サービスの様子は↓
膝サポートギアを作る(2)

手作業で削って穴を大きくしたり、万力で締め直してカタチを整えるなどして、使えるパーツに修正しました。




th_P1090272.jpg

装着した膝小僧の様子です。いかにも強化パーツという感じで、プラレス気分が楽しめます。
ちなみに膝サーボはすべて新品バルク品に交換しました。これからは温度管理重視で行きます。



th_P1090271.jpg

膝のダブルサーボがこんな感じでかみ合っています。
バックラッシ(噛み合いの甘さ)はやや多めですが、互いに支え合う関係なのでよしとします。
膝を90度ちかく曲げた状態で静止させておいても、温度があまり上がらなくなったような気がします。
ただし、調子に乗って足を曲げて片足立ちさせると、あっという間に70度いってしまいました。
片足立ちさせるには、早々に支えの足を垂直まで持っていくほうが良さそうです。




th_P1090270.jpg

ちなみに足裏も変更してみました。
プラ板に専用接着剤で貼ったシリコンゴムが剥がれやすくなってきたため、
ハンズで売っている粘着材付の「スベリ止メゴム(CR) 0.5×250×250mm」(535円)にしました。
粘着材が付いていますが、両面テープで厚さの微調整も可能だと思います。
そのままの厚みでも、「トスベール」との厚さの相性はなかなかだと思います。
エッジのトスベールの枚数を2枚から3枚に増やして、スベリ面の接地面も広くしてみました。




またトラブル。
メタルギアに交換した肩サーボが謎の脱力症状を起こしています。
温度が上がっているわけではないので、温度リミッタによるトルクオフではなさそうです。
ケースとギアをブラシで洗浄し、断線かもしれない配線を半田付けで交換しました。
メタルギアはケースのプラスチックを少しずつ削るらしく、グリスが真っ黒になっています。そのゴミが悪さをしているかもしれません。
洗浄したことで、ギアの回転がスムースになった気がします。
これでもしまた同じ症状がでたら・・・迷宮入りです。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

故障サーボの復活をさぼっていて、メンテナンスで使えそうなサーボがゴロゴロしています。余裕がある時にラジオでも聞きながら作業したいと思います。
U1Kの反省から、週末の大会にはちゃん動く交換用サーボを複数個準備しておこうと思います。

とりあえず

復活したサーボがあったので、緊急時はそれでしのごうかと。(どうせサーボを買うならRS303を買いたいですし。)

いままで死んだと思われたサーボを全てかき集めて、ばらしてギア欠けがないかチェックしながらサーボテスターで稼働確認していたところ、どうもロックが掛かる位置でギア欠けしたらしいサーボがあって、2個ほど動き出しました。

一度は不具合があったものですから、ROBO-ONEに出るときには使いませんが、緊急時の予備があるのとないのでは全然違うので予備用として運用しようかと。

いただいたRS304はまだ手付かずですが、やっぱり線を交換するだけではダメなのですね。
とりあえずPWMでもいいからテストできるように、サーボテスター用の変換コネクタでも作ってみようかと思います。

No title

おはようございます。

ご存じかもしれませんが、被覆の中で内部的に断線している場合、微妙な角度などによって導線が接触したり絶縁したりするのかなと思います。絶縁になってしまう状態を再現するのは難しいため、そういう状態になるのではないでしょうか。
なので絶縁の疑いがある場合は、新品の導線と交換して、動くかどうかチェックしています。

まだ売っていればですが、サーボはバルク品がVistoneで2580円ぐらいで売ってました。お買い得でした。
実は参加賞もコネクタを基盤から付け替えてみましたが、ちょっと設定がまだできていません。
サーボテスタのPWMなら動くのですが、そのままではコマンドが反応しません。
たぶんサーボIDの書き換えが必要で、RS30xPacketUtilなどで、サーボに貼られたシールの番号からID1に変更すれば大丈夫と思いますが、後回しになっています。
そちらで問題なく動くようだったらぜひ教えてください。m(_ _)m

こちら、なで肩はだんだん見慣れてきました(笑)
フガクはアームの構造自体を改造してましたね。ダメでしたか・・・

強そう!!

ギアつけると、なんか強そうでいいですね。今後キックとかさせるときには肩足立ちが必要なので、こういった補助パーツが必要になりそうですね。今度実物見せてくださいね。

私も1番に続いて23番サーボが新パターンの故障に見舞われ全とっかえしました。
全く動かないので仕方なしにサーボごと交換したのですが、外してから断線のチェックして何気なくサーボテスターにつないだところ動きました。。。でもしばらくしたら動かなくなりました。で、ボトムカバーを外してテストすると動くのですよ何故か。やはり挙動が怪しい。。。
予備のRS306を使いきってしまったので、万が一の場合はこの間の参加賞を改造して使わないといけなくなってしまいました。

写真をみると肩フレームがさり気なく交換完了してますね。
私も試してみたのですが、肩の側がG-ROBOTSの2個連結フレームだと干渉してしまってダメでした。ロボゼロ本来のフレームでないとダメですね。

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク