arduino nano の外部電源


ArduinoNanoFront_3_lg.jpg
ArduinoNanoBack_3_lg.jpg


arduino nano にはDCプラグがありません。(一般的なarduino UNOやDuemilanoveには付いています。)
なのでUSB以外の外部電源を使おうとすると、ちょっとだけ戸惑います。
電源入力にはミニUSBしか使えないように見えますが、もちろん他の方法でも可能です。

「arduino nano 外部電源」の検索から答えが見つかるまでに少し時間がかかったので、メモにまとめておきました。




スイッチサイエンスさんの説明に書いてある通り なのですが、

Vinピン:
DCプラグと同じ機能。5V安定化していない電源はここに供給。7V~12V。
また、電源ジャックからの安定化前の電圧が出力される。

5Vピン:
外部装置で5Vに安定化された電源やUSB電源を供給可能。
普段は5V出力として使っているピンが、電源入力として使えるのがミソ。

ということです。

なので「arduino nano への外部電源は、7V~12Vの電源を、VinピンとGNDに接続する」が、正解です。




では、アルカリ4本の6Vでは動作しないのでしょうか?




こちらの記事の表だけを見て判断しますと、
arduino nanoをアルカリ4本(6V)では動かせないという結論になってしまうかもしれません。
が、同じページの脚注にヒントがあるように、レギュレーターを使う場合は大丈夫です。

秋月の5V安定化電源パック(100円) を使い、電池等からの入力を5Vに安定化し、arduino nanoの5V(Vcc)ピンとGNDに接続してもOKです。

前回の電子工作 では、RS304サーボも同じ電源で無事動作しました。




ちなみに、ロボゼロに乗せる場合には、サーボ用の電源からVinに接続すればOKということになります。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク