膝サポートギアを作る(2)


th_CIMG3441.jpg

ろぼとまさんにお願いした切削パーツができあがりました。




th_CIMG3442.jpg

設計ミスその1
曲げ機を使うといえども、曲げ箇所のすぐ近くを肉抜きしてはダメなのでした。
写真右側のパーツが、折り曲げ機で失敗した例です。
また、折り曲げ線に対して鋭角にカットしてはマズかったということも分かりました。

左は、同じ種類のパーツを折り曲げ機ではなくポケットベンダーで曲げた例です。
細かい曲げ加工にはポケットベンダーの方が適しているかもしれません。
設計をミスを若干リカバリーすることができました。


まげれい

図を作って反省します。




みす

設計ミスその2
最低限の材料でがっちりと固定しようとした結果、組み付けが厄介な構造になってしまいました。
もちろん力づくでハメることはできるのですが、サーボのメンテナンスなどで何度も付け替えすれば、疲労で割れてしまうのは時間の問題です。
改めて作成する時にはもう少し無理のない設計にする必要があります。




設計ミスその3
寸法の間違いが数カ所ありました。
8mm径のものを入れる穴を、8mm指定で切削していたり(ギリギリで回らない)、
外側のパーツの寸法が展開時に狂い、幅が狭くなっていたり(該当パーツは、完全に使いものにならず)、
十分な曲げしろを確保したつもりが、いざ組み付けるとキツすぎたり。
まあ、一発目なのでこんなものでしょう!

ちょっと原始的ですが、万力や金槌を使ってトンカンと調整し、使える状態にリカバリーていきたいと思います。




th_CIMG3440.jpg

ギアの設定自体は成功していたようで、歯が気持ちよく噛み合って回ります。
生き残ったパーツの調整が成功したら、ロボ本体に組み付けてみたいと思います。

膝サポートの有無でどれだけの差がでるのでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク