肘を90度つけかえる


肘を組み付ける角度については、1年前からずっと気になっていて、
いろいろと観察したりもしました。(→過去記事

個人的な結論としては、ロボゼロは前腕を90度ひねって組み付けた方が、立ち姿やパンチの姿は自然になるっぽいということでした。
が、作業が後回しになっていました。




th_CIMG3402.jpg

写真向かって左側(右腕)がデフォルト状態の前腕、右側(左腕)が、90度組み替えた状態の前腕になります。
みなさんはどちらがお好きでしょうか。私はやっぱり向かって右側が好きです。ガンダムの基本姿勢の肘の向きと同じです。

90度組み替えると、デフォルトで入っている鉄棒や書道などのモーションに影響がでるので、念のため現状復帰可能な組み替えにしておこうと思います。




th_CIMG3401.jpg

ちょっと分かりづらい写真ですが、90度ねじって合わせた時、
肘側のブラケットのサーボホーン用の穴と、前腕側のパーツの穴が、1カ所だけピッタリ合います。
その穴を活かし、小さい方の穴にM2ネジをタッピングしてねじ止めします。(ネジを直接ねじ込めばそのままタッピングになります。)
他の3つの穴は、元々の穴を活かしつつ、穴を開けやすい方に1.5〜1.6径のドリルで穴を開け、同じくネジ止めします。
ビスの向きがあっち側からとこっち側からになってしまいますが、肘側ブラケットのねじ穴を潰さないので、いつでも戻すことが出来ます。




th_CIMG3403.jpg

格闘体勢風に立たせてみました。
ちょっとだけヤル気が出てきたように見えますがいかがでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ボクサー風

そうですね。これやるとなんとなくホームポジションも変更したくなり、結果的に作業量が増えてしまうので、余力のあるときで良いかと思います。私も変更はほどほどにしておきます。

カッコイイ

こっち向きの方が見た目が良いですよね。
FUGAKUはこのポーズに近づけるために常に空手でいう内受け、外受けの動きが必要なので、腿のサーボケーブルに手先がぶつからないか気にしないといけないです。
でも良く考えたら前腕をG-ROBOTSのフレームに替えたのだから、ゼムネスよりも簡単に変更できる気がしてきました。ただしモーション作り直しがしんどそうなので、Robo-oneが終わってからにしますw
プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク