LCD液晶シールド


毎回の配線が面倒なので、Arduino用のLCD液晶シールドを作っておきます。

使用したのは秋月で購入したSC1602BSLB、バックライト付き16文字×2行LCDモジュールです。
配線で参考になるのは、こちらのサイト

接続を改めて。

・LCD1番ピン → 5V
・LCD2番ピン → GND
・LCD3番ピン → 可変抵抗経由でGNDに。簡易的に4.5kΩ程度の抵抗でも可。(コントラスト調整用。)

・LCD4番ピン → Arduino D12番 ピンなどに。(RS信号)
・LCD5番ピン → GNDに接続でOK。(Read/Writeの判別。Write固定でよいのでGND)
・LCD6番ピン → Arduino D11番 ピンなどに。(Enable信号)

・LCD11番ピン → Arduino D5番 ピンなどに。(4ピンモードのデータ信号4)
・LCD12番ピン → Arduino D4番 ピンなどに。(4ピンモードのデータ信号3)
・LCD13番ピン → Arduino D3番 ピンなどに。(4ピンモードのデータ信号2)
・LCD14番ピン → Arduino D2番 ピンなどに。(4ピンモードのデータ信号1)

などでよいです。信号ピンは合計6本でOKです。
液晶用のピンは8本ありますが4本だけ使えば大丈夫なようにできています。
バックライト液晶の電源については、説明書通りに液晶基板本体裏に抵抗とショートの加工を施します。
こうすると、5V電源とバックライト電源を共有できてスマートです。




th_P1090244.jpg
できあがり図。
液晶シールドに別のシールドを乗せても使えるようにしてみました。
上に他のシールドを乗せた場合でもある程度使えるように、
使用デジタルピンを必要に応じて差し替えできるシカケを入れてみました。
・・・が、6本も占有してしまうので、別のシールドを乗せるという機会はあまりないかもしれません。




スケッチは、「下手の横好きのスクラップブック!!」さんのものをお借りしました。
表示位置の指定が入っているので、参考に便利です^^


/////////////////////////////////////////

//http://blog.goo.ne.jp/mkidmtr70/e/7aa1d8fb43de18b716a2d05b81967b01
// LCDを接続する

//「sketch」メニューからLiquidCrystalライブラリを読み込む
#include

//使用するピンの定義。LiquidCrystal lcd(rs,enable,d4,d5,d6,d7)
LiquidCrystal lcd(12, 11, 5, 4, 3, 2);

void setup() {
//LCDの行と桁数の設定
lcd.begin(16, 2);

//0行目にメッセージを表示
lcd.print("Hello,world!");
}

void loop() {

//カーソルを0桁、1行目にセット
lcd.setCursor(0, 1);

//動作開始からの経過時間を秒単位で表示
//「Zikann :」を 0桁1行目表示
lcd.print("Zikan :");

 //8桁1行目に経過時間を秒単位で表示
lcd.setCursor(8,1);
lcd.print( millis() / 1000);
lcd.setCursor(13,1);
lcd.print("sec");
}

/////////////////////////////////////////

スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク