MSX用ロボット


遠山茂樹作品集の中に「三菱のMLロボ」という知らない単語を見つけたので検索してみましたら、2機の元祖コンソロイドにヒットしました。

週アスPLUSの記事による、「ML-ROBO」と「MSX-WIZARD」です。
これにバンダイのロボパルが入れば、1985年ごろにMSXで遊べたロボットはすべてでしょうか?




ml-robo-1.jpg
三菱の『ML-robo』。27MHzのラジオコントロール方式。


MLroboguide.jpg
前後左右旋回の移動に加え、腕の回転と伸縮が可能。茶運び人形的な遊びを想定したものなのでしょう。
モップをつけたらルンバ風にも使えそうです。


AX-150-1.jpg
もちろんMSXで動きをプログラミング可能です。
想像するに、さっぱり面白くなさそうです。(笑)
手に入れたところで速攻押し入れというユーザーが多かったのではないでしょうか。でもそこが魅力です。

ML-roboの情報は海外のレトロロボサイトに画像&情報満載なのでどうぞ。




img.jpeg
こちらはELEHOBBY(ELEKIT)の「MSX-WIZARD」です。


tumblr_kuqbs0G4Z91qzp9weo1_500.jpg
キャタピラの雰囲気が分かる写真がありました。
どうやらMSXでプログラムを仕込んだカートリッジを、ロボ本体にインサートして走らせる方式のようです。
バッテリーバックアップ式なのでしょうか。


robot_elehobby_movit2_9505_msx_wizard_3.jpg
カートリッジを抜いた写真も見つかりました。カッコいいです。



ちょっと情報が少ないですが、動画がありました。2009年のブラジルのMSX祭りで実機デモがあったようです。
グッドデザイン賞にも入っているようです。
子供的に面白くなさそうなところはご愛嬌。

コンソロイドガイドブックではこのようにプログラムを記録したカートリッジをロボ本体に挿して使うタイプは90年頃の主流として設定してしまっていたので、次の設定資料ではもうすこし前倒しで登場させねばならぬと思いました。




コンソロイドの世界では、これらの機種も仮想敵や自立移動ターゲットなどとして活躍していたに違いありませんし、バトル用のバージョンとして進化した製品が出ていたことでしょう。そんな都合のよい夢想が広がります。




robot_don_quichote_msx_robot.jpg

おまけ。ドンキホーテというMSX用ロボットと思しき画像。詳細不明。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク