アルミ切削サービスに挑戦(4)


フリーのCADツール「DraftSight」で作ったDXFファイルが、
ろぼとまさんで使っているCNC切削ソフトの「SheetCam」で読み込めないという問題。



少しずつ検証作業をすすめて、「SheetCam TNG」という最新版のSheetCamであれば開けるというところまで来ました。
DraftSightで作ったDXFをイラストレーターにインポート、イラストレーターからDXF書き出しというまどろっこしい方法でしたが、ここまではなんとかなりました。



SheetCam TNGで保存した作業ファイルをSheetCam Standardで読もうとすると、保存形式が違うということでNG。
むむーう。
DXFは拡張子が同じdxfでも、内部的にいろいろなバージョンがあり、上位コンパチとも限らないようで、扱いが難しいです。
フリーのCADからアルミ切削を(なるべく安く)実現するというところまで突破しないと、ロボビルダーのすそ野が広がって行かないような気がするのでもう少しがんばります。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます。

ありがとうございます!
SheetCamStandardが、わがままなバージョンなのでしょうね。

さっそく昼休みにちょっと試してみました。
SheetCamTNGで読めたファイルは、SakuraCADでも読める(しかしながらビス穴用の円図形はなぜか脱落)→SakuraCADでDXF出力→SheetCamStandardで表示されない。
という結果になってしまいました。
急いで1回試しただけなので、上手くやればいけるかもしれません。後でまたいろいろ試してみます!

DXFファイル変換

こんばんは。
DXFファイルの互換性の件、Alibre XpressのDXF(AutoCAD2000形式)も、ろぼとまさんで読めないので、SakraCad(フリー)を使って変換しています。
http://www.pluto.dti.ne.jp/~ran-yu/sakracad/index.html
AlibreExpressのDXFを読み込んで、SakraCadでケガキ線を入れてDXF出力しています。
プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク