TNS-HFC3のケース作り


以前も紹介しましたが、
PCで作成したファミコンの楽曲をファミコン実機で再生するためのカートリッジがあります。
TNS-HFC3というもので、Kazzoと並ぶ家宝の一つです。
大切なハードウェアなので、ケースを作り収納しようと思います。




ケースはジンギスカン(50円で購入)を使います。
もちろん三国志でも三国志2でも信長の野望でも大丈夫です。
オープン方法も過去に記事にしておりまして、「DTC-20」という特殊なドライバーを使います。(ちなみに信長の野望はマイナスドライバで開けられるようです。)




加工図面も、TNS-HFC3のサイトに掲載されています。




th_CIMG2585.jpg

ラベル剥がしですが、食酢に浸せば剥がせるタイプかもしれません。
写真は酢に浸しているの図です。
結局待ちきれずに、コーヒーを沸かす用のアルコール少量を使って剥がしました。
アルコールは効果覿面です。




th_CIMG2586.jpg

裏面はプロクソンのフライス盤で加工しました。

オモテ面は、模型用のリューター(コードレスルータープロ2)で切りました。
このリューターは非力すぎるのが難点ですが、その分怪我をした時も軽症ですみそうな所が好きです。




th_CIMG2593.jpg

採寸しっぱいしました・・・。
穴あけでガリっと欠けも生じてしまいました・・・。
親方にバレたら殴られるレベルです。(親方なんていませんが。)
が、基盤の保護という意味では機能してくれそうです。




th_CIMG2594.jpg

th_CIMG2593.jpg

背面のカートリッジスロットもよい感じです。




th_CIMG2595.jpg

モバイル式ファミコンサウンドシステムの完成です。
以前も紹介しましたが、電源は9V電池。スピーカーはaudio-technicaのAT-SPP50です。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク