外部電源を作る(2)


ロボゼロ用の外部電源を作る作業の続きです。
テストしてみてそこそこ使えそうなことが分かったので、組み上げていきます。




th_CIMG2573.jpg

この2つがメインのキットです。
素人には扱いの難しいAC電源まわりは1700円のアダプターに任せてしまって、
7.5Vの電圧の部分だけを放熱板付きのレギュレーターで取り出す作戦です。


th_CIMG2576.jpg

持ち運びやすいようにコンパクト化することが第一の目的なので、あわよくばタカチのプラケースに入れたいと思います。
かなりギリギリですが写真の「TW-9-4-17」になんとか収まりそうです。




th_CIMG2578.jpg

アダプターを開けてみたところです。9Tの六角星型のネジが必要になります。特殊ネジの中ではメジャーなタイプかと思います。(アダプターを開けることは素人にはお勧めできません。)




th_CIMG2579.jpg

レギュレーターのキットの完成間近の図です。
電源の出力には2番の750Ωを使い、可変抵抗で出力を7.4V〜8V程度に調整します。
(電圧が高すぎると、ロボゼロのボードが壊れますのでご注意ください。)

大きなコンデンサーよりも右側の部分の基盤は今回不要ですのでカットしてしまいました。
この後、電源の入力と出力を配線し、レギュレーターに大きな放熱板を取り付ければ完成です。




th_CIMG2581.jpg

ケースには放熱用の穴をドリルで開けてみました。
サイズの都合上、放熱板がケースに触れてしまうのでちょっと熱が心配です。
1時間ほどテスト運転してみましたが、PS3よりはヌルいので、セーフかなと思います。
ちなみにケースの耐熱温度は60度となっております。




th_CIMG2583.jpg

完成図です。こんな感じのサイズ感になりました。
問題はアダプターからロボゼロまでの線の長さですが、練習会や試合会場で使うということを想定すれば、デスクの上で教示や調整を行う程度なので、1mもあれば長いくらいとなります。

2mのケーブルではアダプターの電源投入直後にエラーなどが起きやすいようでしたが、1mであれば特に問題なく、電源投入直後からエラーもなく快適に動作しています。(少なくとも今のところは。。。)




th_CIMG2584.jpg

DCジャックでケーブル長を交換できるようにしてみました。
電源コンセント用のコードの反対側にDCジャックを配置できれば、引っ張られたときにスポッと抜けて安全なのですが、スペースの都合でこのようになってしまいました。
本体までの間にさらにもう1カ所、スポッと抜けるピンコネクタ(電源側がメス)を設けていますので、コード引っ張りへの安全対策は大丈夫かと思います。

アダプタ:1700円
レギュレーターセット:600円
ケース:450円ぐらい

ですので、道具さえあれば3000円以下で外部電源を自作可能です。
(もちろん作成される場合は、自己責任にてお願いします。最悪の場合、感電したり、家が燃えたりします。)

もちろん、安全性、労力を考えたら公式の外部電源を購入するのが一番です。
が、私の場合は自作すること自体が勉強を兼ねた面クリ型の娯楽になってしまっているので挑戦してみた次第でした。
ではこれから満足感に浸りながらアダプタをニヤニヤと眺め回したいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

現実の運用と照らし合わせてみました。

・モーション作り用→場所に応じて安定電源(2m+α)orアダプター(1m)
・自宅や練習会で仕上げ用フル走行テスト→バッテリー(4個ローテーション)

というバッテリとアダプタの使い分けで大丈夫と思っています。
等速で走る分には2m走れるモーションなら5mも同じでいけるような気がしていますし、
仕上げ時に長いコードをつけているのは、バランスの検証になりずらく、長いものは不要かと思っています。
もちろん、加速する走行モーションならそれなりの準備が必要になりそうですが、私はまずは等速からがんばります。

No title

無事に出来たようで何よりです。
やっぱりコードの長さですかねぇ。でも徒競走練習用に4、5mは欲しいところですね。
私もしばらく模索してみます。
プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク