ゲームパソコンM5


th_CIMG1871.jpg



どうしても実機を計測したくなり、ソードM5を入手しました。
調べれば調べるほど、ソードM5はエポックメーキングな機種のようです。

要約すると、

・日本版アップルIIと言えるできばえ。
・本体がおどろくほど小さく、そして軽い。
・コンポジット出力や拡張子が充実。
・でも設計が素直すぎてマネされやすかった。
・なのでMSXその他の機種の元ネタになった線が濃厚。
・消え去った機種だが、その魂はさまざまに受け継がれている。

という感じです。

上の写真は、見ての通り、ファミコンやぴゅう太との比較です。
左下のM5の下に、銀色のMacBookAirを敷いていますが、一回り小さいです。
だいたい、A4サイズとB5サイズの関係です。
B5という日本独自のサイズ規格が、M5が日本製であることの主張にすら思えます。
なんとなく、ひいきせざるを得ない機種です。




リアルタイムでM5に触れたのは、主にデパートの試遊機で、かなり粘って遊んでいたと思います。
子供の頃は「デパートに行くとTVゲームがただで遊べる!」ぐらいの認識だったので、機種のことまでは考えていませんでした。ファミコンやMSXのディグダグを遊んだ後で、自分が数年前に遊んでいたのがM5版のディグダグであったことを知ったぐらいです。

また、SC-3000やファミコンを購入した後も、ベーマガに連載されているM5の面白そうなプログラムが羨ましかったと記憶しています。
ファミコンブームが来てから、数件隣の電気屋さんでM5がホコリを被っているのを見かけました。
電球などを売っているだけの遊びっ気のないお店にゲーム機が置かれていたので、ちょっと不思議な気持ちになりました。それのパソコンがM5と分かったのも、やはり5角形のキーボードがポイントでした。
持ってはいなかったけど、自分の人生になんとなく影響を与えているゲーム機、それがM5だった気がします。




th_CIMG1876.jpg
思い出はそのぐらいにしておき、改めて大きさくらべです。
上から、一般的なMSXのサンヨーWinky2、おそらく最小のMSXであるカシオPV-7、タカラ版のM5、MacBookAirです。

簡易的に重さを測りましたが、

PV-7:約1.6kg
M5:980g

と、倍近く差がでました。
(ちなみにPV-7は中に鉄板が2枚入っています。)




巨大なACアダプターには、電源オンオフスイッチが付いています。
テスターで出力電圧を調べてみたところ、5Vでした。
M5も、乾電池で動かせそうな機体です。
9V電池に5Vのレギュレーターでいけそうです。
と思ったら、+5V/+12V/-12Vの電源らしいです。
ふむふむ。




が、ソフトを同時に買っていないので、ちゃんと動くかどうかよく分かりません。
BASIC-Gのソフトが必須ですが、そう簡単には手に入らないので、しばらくお預けです。




さらにM5のナムコゲームがナムコの新入社員研修の作品だったりとか、面白い情報もいろいろ見つかりました。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク