無創玩記ゼムネス(4)


メガドラとかPCエンジンとか、その辺りのメイン機種のコンソロイド妄想集です。
今後のことも考え、メーカー名やゲーム機名も架空にしていきます。




■ 第二世代コンソロイド(後期) ■ の続き

【エクソダス(1990末)】
セラドライブのコンソロイド。欧州でのセラドライブ発売に合わせて登場した。
カーデザイナーを起用するなど、前世代機マークIII用の即席で開発されたSドロイドとは一線を画す、次世代機にふさわしい意欲作。
丸みを帯び、黒光りする和風のフォルムは、欧州と国内の両方の市場でのヒットを狙ったものだった。
セラドライブで動くほか、無線ユニットカートリッジを装着したプレイギア(同社の携帯ゲーム機)での操作や、
セラドライブをプレイギアに換装して軽量化もできるなど、多様な運用バリエーションを見せた。
移動ユニットを多脚型やクローラーに換装することができ、様々な大会に出場することができた。
第三世代機においても現役で活躍しつづけたコンソロイドの一つである。


【ゲームボッツ(仮) (1990末)】
ゲームキッド用(N社の携帯ゲーム機)のコンソロイドは、30センチ程度の廉価・小型機として登場した。
ゲームボッツ以外にも女の子向けのキャラクターなど計8タイプのバリエーションが順次発売された。
樹脂パーツが中心で、壊れやすい代わりに安価でパワーも制限されていたが、
小学生でも参加しやすく、入門者向けのワンメイクの試合も多く行われた。
頭部ヒットで動作が停止するなどのギミックが組み込んであり、
パワーの小さいゲームボッツ同士でも迫力のある試合が出来るようになっていた。
これはそのまま第三世代のロボレスリングのひな形となった。
小中学生に広く行き渡ったことで、同一規格の機体同士での大会開催が容易になり、
街のおもちゃ屋さんでは毎週のように障害物競走やサッカー大会が行われた。


【PGエンジェル(1990夏)】
満を持して発表された初の女性型コンソロイド。
PGエンジンの小型筐体を活かした、女性らしいボディラインが特徴的。
好みのキャラクターに顔パーツを交換できたり、着せ替えパーツが充実している上に、
簡単な会話も行うことができ、ソフトの差し替えで性格の変更や知能のバージョンアップを図ることが出来た。
その後、ドールとしての独自の進化を遂げたが、もちろん当時は優秀なロボレスラーも多数輩出した。
PGエンジン自身が周辺機器による拡張性をコンセプトとしていたため、
後発組でありながらも、第一世代の時代からコンソロイドの第一線で活躍していた。
PGエンジェル自体も、ファミロイドとは異なる機構が多く、独自に準備・開発された部分が多いと思われる。


【ブロッキィ・パワード(1990夏)】
カセットビリォン用の二足コンソロイド。
カワズ社と共同開発したロボット用ブロックパーツで、
低学年でも自在にロボットをデザインすることができた。
1987年から販売されていたクローラー・多脚などが作れるブロッキィシリーズは、
既存のカワズ社製プラチナブロックと互換性があり、
価格も廉価だったため、知育玩具として購入する家庭も多かった。
入門機として底堅い人気を博した。


【ロボコモン・シリーズ(1986〜)】
ラミア模型が発売した、ユニバーサル規格のロボットパーツ群。
単体でもコンソロイドに匹敵するロボットを組み上げることができたが、
コンソロイドの改造や、異なるタイプのコンソロイドのパーツを複合させるジョイントとして重宝された。
第一世代からパーツを販売しており、そのノウハウは他のどのメーカーよりもマニアの期待に応えた。
信号変換機も開発しており、たとえば上半身と下半身で異なるメーカーのボディをミックスビルドすることを可能にした。
「コモンパルス」と呼ばれる同社開発の信号は事実上の共通規格となり、第三世代ではほとんどすべてのコンソロイドが同規格に対応していた。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク