状態コミュニケーション


前回の続きです。
今回のXEMNESの工夫点です。



【状態コミュニケーション】

ライトに初参戦した時、本体の状況が分からずまごついたことを教訓に、
ロボット側から必要な情報を発信するようにしました。

全サーボ脱力時直立モードなど、動きのないモーションに関しては、
本体からベル音を鳴らし、コマンド受付中である旨を伝えます。


また5~6秒ある起動シーケンス中も、小さなビープ音を鳴らし続けることで、
本体が正常に動作中である旨をコミュニケーション
します。

今後、人形つかいさんのおっしゃるように、
チェック項目をロボから発言させたり、ジャイロ中央値の状態を音声発進させてもよいと思います。



こうしてみると、操作系や起動シーケンスなど、今回のXEMNESで「ミスなくロボットを動かすための基本」がようやく見えてきた、という感じです。
ノベル版のガンダム戦記には「ジムはスカスカだけど、その拡張性が最大の強みであり、だからこそ同型のまま廉価にバージョンアップを続けられた」というような記述があり、なるほど旨い理屈をいうものだと思ったのですが、ちょうどこのゼムネスもジムのそのコンセプトに合致する機体になれたと思います。

あとは遊ぶだけですが、ロボサバ機のユニバーサル化という自己課題が棚上げになっているので、そちらに移ります。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コイズミさま

ロボサバメールではお世話になっております!
次回お会いできたときに改めてちゃんとご挨拶させていただきます。

ロボも長らく使うと、動力の断線・ショートなどのチェックが重要になってきそうですね。
そこまで考えが至っていませんでした。。。
モーターOFFでのパラメーターを活用するなども目鱗です。
姫路ボードでも内部変数を直接チェックすれば近いことができそうです。
今後どこまでできるかわかりませんが、

1)試合のかなり前→人間ドック的なサーボ状態含めた精密検査
  このとき、ネジやケーブル取り回しなどの指さし確認も。

2)試合直前→多少トラブルがあっても修理が間に合わないので、
  とにかく動作させること・スピーディな起動を重視した簡易検査

のような二段構えにしていければと思います。ロボは本当にやるべきことが多いですね。

No title

こちらでは始めましてとなりますAZM LAB/コイズミといいます。
恐らくロボ関係でちらとはお会いした事が有ると思います。

人形使いさんと起動シーケンスネタで話されていたので横から書き込みさ
させて頂きました。

私も数年前から、起動シークエンス中に以下のような測定をして機体状況を
監視していますが、当初すべて機体に喋らせていたら1分以上掛かってしま
い面倒になったので異常が有った時だけ異常項目を喋らせるようにしました。
ご参考になれば幸いです。

1・モータOFFの状態でバッテリー電圧チェック→報告→推定残量90%以下の
 場合LEDの色が青から黄色に変化して警告+バッテリー交換を進める。

2・モータOFFの状態でバッテリー温度チェック→1・の電圧が低残量に相当する
 電圧で且つ外気温とバッテリー温度の差が有りすぎる場合動力線のショート
 と判断→報告

3・モータOFFの状態で各レギュレターの出力電圧チェック→報告→電圧が低い
  LINEが有る場合断線、と判断し警告。

4・外的各センサー入力値チェック→報告

5・モータON

6・モータONの状態でバッテリー電圧、温度チェック→1の時に比べて電圧降下
  が大きすぎる場合、発熱が大きすぎる場合はサーボがロックしていると判断
  してサーボOFF→報告

9・起動報告

長文失礼しました。

No title

>人形つかいさん
ありがとうございます!気づきませんでした♪
今回は初めてネタっぽいことを仕込みましたが、会場での見せ方についてはいろいろと勉強させられることが多かったです。マイクなしだと個人的に声量が足りないので、ビジュアルを用意しておいたほうがよかったな、とか、ニコ生用のカメラ写りへの意識が低すぎたとか。。。
GIZMODOに乗っけてもらえたのはよかったです。
ホビロボ界の外側の人たちに二足の面白さがもっと伝われば、ゼムネスが少しでもその足しになれば、と思います。

GIZMODOで紹介されてますねー

GIZMODO ファミコンのコントローラーで動かせるロボット
http://www.gizmodo.jp/2013/03/post_11754.html

> 個人的感想ですが、IIコンが装備された右手の「つうこんのいちげき」。僕は好きです。

だそうですよ。

ニコ生だと「つうこんのいちげき」は、カメラがアップになる前に出てしまったので、ちょっともったいなかったですね。

ゴール or タイムアップ後に出すほうがウケが良かったかも
プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク