完成:ゼムネス

より▼
XEMNESのまとめ動画↓

Youtubeバージョン


ニコニコ動画バージョン
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20205116
(本人は真剣なのですが、天然ボケなのでニコ動のツッコミが入ったバージョンの方が面白さが伝わると思います。)




ロボワンライト&ロボワン予選会にて発表できましたので、ゼムネスαバージョンを完成としたいと思います。

【仕様など】
・機体名 RXM-7.9 XEMNES(ゼムネス)
・無線方式 2.4GHz
・重量 985g

【主な特徴(XENNYからの改良点)】
・ファミコン型無線コントローラー
・無線モジュールにSTDBT+USB無電ドングル
・股関節サーボ4個+腰ヨー軸サーボ1個をRS303化
・足首ロール軸サーボをメタルギア化。
・足のカバーをプラ版化(軽量化)
・追加武装(トンファー)を右手に装備。左手にバランス用ウェイト。
・胸にネームプレート。
・その他はXENNYと同じ。

【RXプロジェクトでの位置づけ】
・ガンダムのRX計画をなぞる事でロボゼロを一歩一歩着実に進化させていくプロジェクトの中、
 今回はジムに相当するプロジェクトであったため、当初、シリーズ共通のXをもじりゼムとしました。
 一方、別プロジェクトである「ファミコンタンク研究会」として同時開発を続けていた
 コントローラー技術が一定程度蓄積したため、ロボゼロにフィードバック。
 ゼム+NES=ゼムネスとなったのでした。
 偶然ですがファミコンのゲームタイトルぽくてちょっと気に入ってます。




th_CIMG1633.jpg
ということで、いちばんの目玉はこちらです。
ファミコン型無線コントローラーです。
この「1プレイヤー用コントローラー」で本体に内蔵された無線よりロボットをゲーム感覚でコントロールできます。
あれでも2プレイヤー側のコントローラーは?マイク付きの2コンはどこに?




th_CIMG1645.jpg
じゃーん。
2コンはトンファーとしてロボット側に装着してバトルをします。
各所の軽量化から生まれた1kgに対しての余裕重量を、この質量武具であるトンファーに集中するのです。
つまり、

「つーこんのいちげき!!!」


ドラクエ発売当時小学生だった人なら誰でも一度はつぶやいたこのベタギャグのためにがんばった。よくやった。感動した!




th_CIMG1636.jpg

th_CIMG1553.jpg

前回のニソコンminiまでの課題はほぼクリアできていたのですが、
今回も全く新しいトラブルが発生しました。やっぱり場数ですね。内容はまた次回。

さて、さてどんな結果になったでしょうか?
いい年をしたファミコンおじさんによるドキドキのロボワン参戦レポートはリンクにて。


出場の顛末は以下のエントリにて。

ROBO-ONE LIHGT 参戦記
http://fc2canned.blog54.fc2.com/blog-entry-834.html

ROBO-ONE 予選参戦記
http://fc2canned.blog54.fc2.com/blog-entry-835.html
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク