ファミコン実機をNSFプレイヤーにする


ファミコン実機からNSFファイルを鳴らすことができる「TNS-HFC3を購入しました。

NSFファイルというのはファミコン用のサウンドシーケンス規格です。すでに数々の楽曲が発表されている他、NSFファイルを自作するソフトも開発済みなので、これさえあればファミコンから自由にファミコンサウンドを奏でる環境が整います。




th_CIMG1512.jpg

見た目にも美しい新品の基盤です。
上部には2つの選曲スイッチとLED、SDスロット、3.5mmヘッドホンジャック。
右側には左右独立のボリュームが搭載されています。
後部にはカートリッジスロットがあり、拡張音源の搭載されたカートリッジ(悪魔城伝説など)を刺すことで、
その拡張音源も奏でることができます。
操作もシンプルで、SDカードのルートディレクトリに入れたNESファイルを、選曲スイッチで選び、リセットボタンで再生します。




th_CIMG1511.jpg

とてもよい感じのエンジ色のスピーカーをゲットしました。
audio-technicaのAT-SPP50です。
ビッグカメラで2500円ぐらいで買えました。
音質は・・・クリア―でファミコンにはぴったりだと思いました。




th_CIMG1505.jpg

ふと、ファミコン実機は乾電池で動くのか?という興味がわきました。
正式なACアダプターは10Vですので、9V電池で動くかを試してみました。
プラグの内側がマイナス、外側がプラスといつものArduinoなどの電子工作系とは逆なので注意が必要ですが、問題なく動作しました。
家庭用の電源よりも電池の方が電流が綺麗だという話を聞いたことがあるので、心なしか音質がよくなっているかもしれません。
インパルスの9V電池(中身は8.4V)で約30分ほどの演奏が可能でした。






おまたせしました実演です。
スピーカーから音を出し、デジカメで音を収録しました。
実機のクリアーで小気味よいサウンドの雰囲気が伝わると思います。

動力・無線などのシステムをファミコンの外部に詰め込んだタイプのファミコン戦車であれば、
ファミコンサウンドを適地にお届けするタンクができるかもしれません。

スピーカーも良い買い物でした^^
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク