ロボゼロの移動用ケース


ロボゼロには立派な専用キャリングケースがありますが、少しかさばりますし、高さがあるのでスーツケースに収まらなかったりします。
持ち出す機会も増えそうなので、なるべくコンパクトに収めたいなと、ケースを探していました。




th_CIMG1398.jpg
100円ショップに売っているDVDなどを収納するためのケースがピッタリでした。
ロボゼロ標準の頭でもたぶん収まりますし、コントローラーも一緒に入れられます。
さらに脇のスペースには充電器とバッテリーも収まります。
実際に使う際には、隙間にスポンジなどを入れるとよいと思います。



th_CIMG1399.jpg
フタをしてみました。各部品の劣化を防ぐため、このまま冷凍庫で保存します。うそです。
フタは開きやすいので、バンドなどやヒモで弁当箱よろしく止めておいたほうが良さそうです。
このコンパクトさなら、デイパックでもロボ大会に参加できます。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク