FC2ブログ

第36回ROBO-ONE


2020年2月8日、9日とお台場の日本科学未来館にてロボワン大会でした。
参加者のみなさま運営のみなさまお疲れ様でした&ありがとうございました。
今回も面白かった!



以下自分用メモ。
最近は仕事が忙しくなったのことに加え深夜土日も宿題などで埋まってしまい棄権するつもりでしたが、前回と同じ内容であれば前日の調整だけでなんとかなるのでは?と思い、頑張ってみました。
autoとライトはそもそもエントリーせず、3kg級だけエントリ。



韓国大会の時に応急処置した右腕ヨー軸あたりの具合がちょっとまづそうでしたが、自宅で試したところ数時間のモーション調整で動くようになりました。仮眠する時間もとてやったーという感じで本番に臨みました。



現場で直前に逆立ちしてみたらヘンテコな動きになりました。
接触不良か断線が発生しちゃっていたようで、前日うまくいった動きが全然ダメでした。
自宅で試したときは確かに大丈夫だったんだよなー。
差分を考えるとトランクでの移動中のゴリゴリ振動が原因の可能性あり。科学未来館の裏口までの道が超ゴリゴリしてたし。
(逆に言えば大会前にちょっとゴリゴリ振動を与えておくと不具合が見つかりやすなったりするようなでも劣化させてるだけのような)
ラプターさんにちょっとサポートしてもらいつつ、とりあえず出場。



床運動は競技内容自体は前回と一緒です。
①歩行→②倒立→③ジャンプ回転→④でんぐり返り
の順番で技を行うものです。

ただし今回や競技種目を選手がコールすることや直立静止などのルールの詳細、歩行コースの詳細などの規定が細かくなりました。

で、結果はほとんど何一つできずで3点。
最初の歩行で「はじめます」と宣言してスタートしたのですが、科目名をコールしなかったということで「もどれ」の指示。
そのまま歩行をキャンセルして次の種目に進むという選択肢もあったけどレフェリーの指示に従い戻りました・・・ものすごいタイムロス。
その後「歩行します」と宣言しなおして歩行は転倒にて1点。
逆立ちはやはり断線症状による失敗で1点。
旋回も1点かな?で合計3点。
失敗後の直立が必要か不要かで審査委員がちょいもめ。

コールをミスしたのは自分の責任として、全体的に今回のルールやレギュレーションについては残念なところが多く感じられたのであとで協会にメールしておきます。ルールやレギュレーションを変える際には、①選手の技術向上とやりがい、②観覧の楽しさ、③運営の効率化の3つをバランスよく両立させる必要があると思いますが、今大会の設定はオートの予選、ライトの予選、3kgの予選すべてにおいて①②③全部で損をする方向に働いていたように思います。



観客としてもかなり楽しめました。
ライト級では主に自作機を応援。KHRは改造混みで1.8kgに至るので、ボクシングでいえばライト級とヘビー級ぐらい不利すぎる自作機がどういうブレイクスルーを見せてくれるのかを期待しながら観戦。
ヘビー級ではめくり系以外の攻撃をメインとした機体がどこまでめくり系機体に対抗できるのかという視点で観戦しました。




今回の成果は予選落ち。
もともとの目標が「出場する」という最低限に低いハードルだったので目標達成とも言えます。
いままで立てた目標はなんだかんだでまあまあ達成しているような気がします。
次回のROBO-ONEはちょっと急ですが「優勝」を目標にしてみたいと思います。
いやその前にプラレスの外装があった。けっこう大変。
スポンサーサイト



テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。
Qiita記事
電子出版(リンク切れ)
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

RX整備計画(仮)

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク