FC2ブログ

Python 3 エンジニア認定基礎試験


浅く広くうっすらと学ぶシリーズ。
Python 3 エンジニア認定基礎試験を受けてみました。



プログラミングは必要に迫られた部分だけ渋々書く程度なので、もう少し基礎的なところを勉強したいなと思っていたところでした。
Python3エンジニア認定基礎試験はこれにうってつけで、オライリーのPythonチュートリアルの内容の理解度を問われる試験です。
これに合格しても実務にはまだ直結しませんが、漠然とPythonチュートリアルを読むよりも、クイズ形式なだけ、Pythonの作法がよく身につきます。



以下、おすすめの勉強方法です。

①pythonを全くしらなければ、何か本を読む。
 私の場合は『確かな力が身につくPython「超」入門』を使いました。
 少しでもpythonを試したことがあれば②へ。

②ダメもとで模擬試験をやる。
 https://diver.diveintocode.jp/exam#exam-list (←無料模試のリンク)
 かなり細かい知識が網羅的に問われるので、普段程度pythonを使っている人でも満点は難しいかもしれません。
 模擬試験をやることで、自分が今Pythonチュートリアルのどこがわかっていないのかを確認できます。
 模擬試験の設問は再試験のたびに若干変わるので、全タイプの問題を出現させるために何度か模試をやります。

③『Python チュートリアル第3版』で復習し、理解度を深める。
 模擬試験でわからなかったり、ハテ?と思った問題について、テキストで調べて理解します。
 ただしテキストは完璧ではなく、説明が抜けている部分や突然専門用語を使ってくる箇所などもありますので、
 近くにpythonに詳しい人がいれば聞くとよいでしょう。

④模試と復習を繰り返し、模試上で満点を取れるようにしておく。
 答えを覚えてしまっても、どういう理由でその答えになるのか脳内で復習しながらやるとよいです。
 この模試を完璧にしておくことで、合格点の70%にちょうど届くぐらいになります。

⑤模試に出なかった範囲を、チュートリアルからさらに学びます。
 これを繰り返すことで、余裕を持って合格することができるようになります。

⑥申し込んで受験。
 オフィシャルサイトから近所の教室を探し、申し込みます。10,800円。
 受付は随時といった感じで、教室に行きPCで受験。その場で結果も出ます。



無事合格しました。めでたしめでたし。
少しだけPythonを使ったことがあったので、準備期間は1週間程度で大丈夫でした。
「Python使ってます!」といいつつ、実際にはWEBで入手できるコードをコピペ書き換えで使う程度・・・というレベルの人には、基礎の理解度を深めるきっかけとしてちょうどよき試験かと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク