FC2ブログ

nc切削深さのローカルルール


けっこうな枚数をcncで削っています。
寝て起きたら切削が完成している、もしくは家に帰ったら出来上がっている、という状況が理想ですよね。

でも、深く掘りすぎて両面テープ層まで達したままCNCが水平移動しようとし、摩擦過多で緊急停止してしまっている場合があります。
これけっこうがっかりします。

また、削れたかなーとの思って捨て板から剥がした後、深さが足りなくてバリ取りが大変になったり、穴を全部手動で開け直したりする必要のある場合もあります。
これもまたかなりめんどくさいです。




試行錯誤の結果、いまのところのまあまあ良さそうな切削深さが出ました。

t1.2の厚みのアルミ板、養生フィルムそのまま、捨て板にMDFボード、両面テープ固定の場合

・貫通させる穴(CNCの横移動が少ないもの) 厚み1.28まで切削。
 →貫通するのでバリ取りの手間が少なくて済む。
  両面テープ層に達することがあるが、小さな穴であれば切削機が停止しない。

・切り抜き線(CNCの横移動が大きいもの)厚み1.22まで切削。
 →部分的に貫通。フィルムが残る程度のことも。
   両面テープによって水平が出ていない場合でも、切削深さ不足になりにくい。

※エンドミルが摩耗してきたためか、はたまた水平が取れなくなって来たためか、
 今は t1.2の時の貫通穴 1.33mm、切り抜き線 1.26mm でやってちょうどいいくらいです。(8月末現在)


 

他の厚みにも当てはめるとすると、
・貫通させる穴 板厚 +0.08mm
・切り抜き線 板厚 +0.02mm
で上手くいくかもしれません。

今日はそんなメモでした。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク