FC2ブログ

第32回ROBO-ONE参加メモ

th_IMG_1065.jpg


第32回ROBO-ONE。
運営および参加者のみなさまお疲れ様でした!
今回はライト級だけの参加にしました。

今回からライト、オートにも予選の徒競走が入っていました。
息子2人に出るように説得していたらどういうわけか娘2人が出場することになりました。なんでだろ。。。


【ゼムネス】
1週間ぐらい前からようやく準備の時間ができました。
まずやったことは予備コントローラーの追加。
arduinoの基盤を少し書き換え、コネクタを付け替えることでスーファミ用のコントローラーを拡張端子につなげられるようにしてみました。LRボタンで旋回できるようにすれば操作の難易度がぐっと下がります。(いままでやせ我慢してました。)

th_IMG_1067.jpg

付属のファミコンコントローラーと拡張端子は同時につかえそうなものですがうまくいかなかったので、後部の1ch2ch切り替えスイッチで付属と拡張端子の接続先を選択するようにしてあります。


th_IMG_1066.jpg

ゼムネスが歩行時にどちらに曲がりやすいかの癖を一旦みておき、内容を書かせてコントローラーに貼りつけておきます。
練習不足でもこれで安心ですよ。

調整に使えたのは数時間程度。
いろいろ思い出しつつ、ネジの緩みを直し、受信機のハンダを付け直し、こけやすいところは足のホームポジションの調整で対応しました。


th_1.jpg

二名川は帽子が本体なので顔や体が多少入れ替わったところで誰も気づかなかったことでしょう。
娘1号のロボワンデビューはなんとか34.18秒でゴールし予選60位。
冒頭でクルッと大回りして、その後のリカバリーで操作ミスしてました。その練習はしてなかったようです。



【アクアマリン】
アクアマリンはLRマンから小2の娘2号用に顔だけ変えたKHRです。
2号の方が練習を楽しんでしてくれていて安心感があります。
さらに小6の息子1号がセコンドについて頼もしい感じです。
2〜3回立ち止まっての微調整がありましたがなかなかの好タイムで19.15秒。順位は31位!

先に帰った後ランキングを見て決勝進出と喜んでいたようですが、シードの存在を忘れてました。
シードのリトル・プニが32位、シンプルファイターが42位の順位。
42位のシンプルが合格圏に繰り上がってアクアマリンは32位に。そこで押し出された33位のリトル・プニも繰り上がるのでアクアマリンが33位という結果になりました。本人にとっては惜しさが際立つ展開でした^^



娘1号2号とも無事ゴールでデビューを飾れました。
ちょっとは楽しかったようで、娘1号は自分専用のゼムネスが欲しいようですし、娘2号もまた出たいと言ってました^^



他の機体が摺り足で疾走するのを見て、さすがに徒競走では使わないにせよ、
バトル中の移動に摺り足を多用するのは選択肢の一つだと思いました。
スリックに頼るのはなんとなく心に引っかかりがありますが、摺り足のゼムネスやKHRがどれくらいスピードをだせるのかにはちょっと興味があります。



あたろうさんのGANGAが14.26秒だったので、ライトにおけるKHRのポテンシャルはまだまだありそうですね。
公認機体は2kgまでであれば重量を120%まで、腕も先端から1cmまでの増加が許されているので、かなりいけます。
コビスやメタリックファイターの肩のスピードなどは、自分と同じ2552サーボとは信じられないぐらいシャキッとした動きをします。
サーボのポテンシャルの出し方の研究にもミニ四駆的な楽しみが潜んでいそうです。
1kgのロボゼロチューンで1.5kgのノーマルKHRに勝ちうるのですから、1.8kgまで増量可能なKHRであれば満重量1.92kgのタイニーウェーブに挑んでもきっと活路があるはずです。



満スペック時の状態を比較してみます。

自作機:腕の長さ200mm 重量1kg
KHR:腕の長さ222mm 重量1.8kg
タイニー:腕の長さ260mm 重量1.92kg

んん〜、この差・・・



今回は捨て身技と大技が統合されてしまいましたね。
ルールはシンプルであるほど良いかもしれませんが、前転キックはどう贔屓目に見ても1ダウン以上の価値はないですよね。
今まで通り捨て身ヒットは1ダウン、腰上のハイキックと宙投げを大技というのがちょうどよいと思うのであとでメール出しておきます。


▼(追記)
自分も倒れたらその攻撃はスリップ扱い(でも捨て身技とかにはならない)というルールはなかなかよかったと思います。
延長戦の時など、絶妙のタイミングで相手をめくって自分も倒れる時などは、つい頭の癖で「ダウン!」って思っちゃいますが、すぐ慣れるでしょう。
ライト級で市販機体の優遇が強すぎるなど、横めくりOKだった時代の名残も少しあるかと思いますので、再調整が入ればまた面白くなりそうですよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク