FC2ブログ

部品棚の制作


ロボットやレトロゲームの修理で使う部品はどうしても多くなってしまい、
道具ひとつ探すにもどうしても時間がかかってしまいます。

引き出しにラベルをつけて収納することでなんとかしたいわけですが、
その引き出しの数もどうしても多くなってしまいます。

そこで収納力の高い専用の棚をつくることにしました。



棚

完成イメージ兼設計図はこのようになります。
一番下は木工用の工具で、膝上ぐらいからロボット関連の部品です。



ダボ穴を長い距離にわたり完全な垂直に開けるのはかなり難しいと分かっているので、組立方法はかなり悩みました。
同じ高さの棚板が水平に並ぶところが特に難しいのであります。


th_IMG_0917.jpg
悩んだ結果、木ネジを使うところとダボを使うところを交互にすることにしました。
組み立ての順番も図面上でシミュレーションします。




木材は新木場のモクモクさんでカットしてもらったパイン材です。
塗装は、
・180番→320番でサンダーをかけた後
・ワシン水性オイルステインのオールナット2度塗り
・シーラースプレー
・油性スプレーニス2回
としました。




th_IMG_0857.jpg

なんとか完成。棚板が横一直線にならんでいる部分がちょっと苦労したところです。


th_IMG_0918.jpg

棚の中身をインサート。

なかなか満足できる出来栄えで、ほぼイメージ通りです。
今まで作った工作の中では最も大きいものになりました。さすがにちょっと疲れました。




完成するまではかなり大変で、2〜3週間かかりました。
①ヤスリがけが大変。面積が大きいものはいつまでも終わらない。サンダーで部屋が粉だらけに。
②塗装が大変。乾くのを待って塗るのが大変。手順が多い。
③木ネジやダボ穴の位置決めが大変。どうしてもコンマ何ミリかズレてしっくりこない。
 場所によっては1ミリ前後ズレてしまう。
④組み立ての順番が大変。
⑤組立自体が大変。作業場所が狭いのでゴンゴンあたってどんどん傷がつく。。。

ヤスリがけ→塗装→組立とやること自体はシンプルに見えるのですが、それぞれの工程がけっこうヘビーでした。



この棚にはさらに工作用のギミックをいくつか追加していく予定です。
スポンサーサイト

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク