居合いスラッシュ


去年ここのブログでロボット拳法をはじめますとこっそり宣言したのですが、少しずつ導入しています。

格闘専用機やKHR、TinyWaveといった中〜重量級の強豪並み居る格闘競技に、ロボゼロ系機体でいかに挑むか、勝ち残るか、その突破口を研究するのがこのロボット拳法です。
自らの体で一瞬トラス構造を構築して強度を増し、ハイキックと着地を両立させる「トラスキック」(シコキック)が代表例ですが、他にも同じようなワザが見つかるに違いないということで探しています。
サーボ自身のパワー以外の様々な物理法則を活用し、また全身のサーボを協調させることで機体のポテンシャルを引き出す目論みです。




第14回ROBO-ONEで初めて投入し、成果を得たのがこの「居合いスラッシュ」です。名前が中2なのですが、ロボット拳法シリーズの名前は全部中2で統一しますよ。

居合いスラッシュの原理は、

・弱いサーボでも、作用点が支点に近ければそれなりのパワーが出せる。
・遅いサーボでも、複数同時に動かせばそれなりのスピードが出せる。

という理屈を利用します。

また、これを成立させるために、いくつかの工夫を加えます。

・相手の懐、ゼロ距離に潜り込むために、主に旋回+横移動を活用する。
・ゼロ距離で攻撃を準備できる姿勢を使う。
・攻撃後にコケないような姿勢を使う。
 (相手を押し出しつつ、最後は回転、ひねり方向に反力をそらす。ナナメに開いた足の一直線上に拳を乗せる)



以上を簡単に図解してみました。

いあい

居合いスラッシュと大きく書いてあってさすがに恥ずかしさを感じますが深夜のうちにアップしてしまします。




この居合いスラッシュが決まれば、KHRまでであれば倒すことができ、また自分が倒れ込んでしまうこともありません。(たぶん)
実際、このワザは今回のロボワンライトで使用し、片手だけでKHRを倒す(自分は倒れない)を達成できました。
が、記念すべき最初の居合いスラッシュは、横攻撃判定がくだされ、マボロシにおわってしまいました。
絶対に横攻撃にならないよう、練って作ったワザでしたが、見た目にはたしかにキワキワであること、また試合中の物言いに慣れていなかったこともあり、判定を覆すことはできませんでした・・・




くやしいのでモーションの写真を載せます。

th_CIMG8830.jpg
まず、基本姿勢です。


th_CIMG8831.jpg
攻撃直前のモーション。腰をひねって腕を畳んだところです。


th_CIMG8833.jpg
ズバッと手を出したところです。伸ばした腕がヨー軸のない足の正面からみて+40度程度が限界です。腕が動くのもプラマイ40度の内側で、腕の軌跡が横攻撃範囲を全く通過しないワザなので、自分の横にいる相手には絶対に当たりません。


th_CIMG8832.jpg
ちょっとアングル違いの図。


このワザで真横にいる相手が倒れることはまずあり得ないのですが、その場でモーションの停止位置の実物を見せて証明するという発想もなかったため、物言いも失敗に終わりました。
横攻撃判定が下されるという発想がそもそもなかったため、すっかり油断していました。
次回以降、この手の新種のワザを使う時には安全に見えてもプレゼンテーション用のフリップなどを用意しようかと思います。
重量格上の相手を倒すことがいかに大変かという話でした。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク