ロボットグランプリ


学園祭のロボット大会に出ると、小学生のお子さんがいる父兄の方から、小5ロボットのLRマンは自分で作ったのか、難しいのか、親が分からなくても出来そうか等、いろいろと聞かれることがあります。




キットを使用していて、組み立ては小学生でもなんとかできますよと回答しています。
が、値段のところはさすがに言いづらいです><
あの白いやつ(ダーウィンミニ)なら6万円ぐらいで、このKHRなら12万ぐらいかかってしまいますと答えていますが、すごく言いづらいです。教材費としてはちょっと高すぎです。
時給1000円のバイトなら120時間分。大人でも清水の舞台から飛び降りる決心が必要な値段です。
自分もロボットの競技大会にいつか出たいと思いつつ、30年間敬遠していたぐらいです。
レゴマインドストームやロボット教室は、高級住宅街に住んでる層向けの価格設定で敬遠してしまいますが、二足ロボットもそこまで高くはないにしろやはり高いです。
値段がロボット競技への参加のハードルになってしまっては大変残念です。




ということで、制作費を安く抑えられるロボット競技に実際に参加して、
初心者向け競技として、おすすめできるようにしておきたいと思います。
と2年前に思ったのですが、前回大会は気づいたら募集時期を逃しており、今回はそのリベンジです。




ロボットグランプリのスカベンジャー大会は、来年3月26日(日)に行われます。
場所は東京都立産業技術高等専門学校荒川キャンパスです。

http://www.jsme.or.jp/rmd/RobotGrandPrix/20th/index.html


この大会なら、標準の教材費が2台分で8000円ぐらいです。
ロボット教室の月謝よりも安いですし、キットに比べても「自分で作る」度が高いです。
参加が楽しみです^^
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク