VR-RC003とOSXでシリアル通信


2年ぐらい前に挫折したVS-RC003とのシリアル通信を少しだけがんばります。



まずVS-RC003のCN6を、コマンドポートに設定します。
(私の環境ではCN7がなぜか反応せず・・・)



スイッチサイエンスのUSB-Serial-FTDI
などを購入し、MacにUSB接続します。
ドライバを導入します。(検索で多分出てきます。)



VS-RC003のRXとUSB-Serial-FTDIのTX、
VS-RC003のTXとUSB-Serial-FTDIのRX、
をそれぞれ接続します。



OSXのターミナルから
ls /dev/tty.*
とします。
USB-Serial-FTDIの接続個所が分かります。
たくさん候補が出る場合には、USB-Serial-FTDIを抜いてls /dev/tty.*とすれば、
該当のものが消えているので特定できます。



Mac版のTeraTermのようなソフトである「CoolTerm」を導入し、インストールします。



CoolTermのOptionアイコンを推し、
Port:(先ほど調べたUSB-Serial-FTDIの箇所)
Baudrate:115200
Data Bits:8
Parity:none
Stop Bits:1
Flow Control:すべてアンチェック
Initial Line States when Port opens: どちらもOff
と設定します。
OKを押したらConnectボタンを押します。



「r」「Returnキー」と押して、
#000000 00 01 00 00 00 08 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
のように何か表示されれば成功です。



この先がすこし面倒で、arduinoからのシリアル信号送信がうまくいかず、前回は挫折していました。
また、不安な点を問い合わせたところ、すばやくお返事をいただきました^^
CN7がコマンドポートとして反応しない件→動くはずとのことで、おそらくボードの故障。
シリアル通信とI2Cが共存できるのか→可能だそうです。



プレステ通信コマンドを送信できるといろいろ助かるので、こちらもがんばってみます。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク