ラズパイにしゃべってもらう

th_P1110528.jpg



ラズパイ。
開発環境だけ整えてうっかり満足していました!
少しずつ進めます。




"おしゃべりロボット「マグボット」"の本を使って、
ラズパイをArduinoのように使えるようになりたいです。
その前にいろいろと問題点を解決。




まず無線LANが激アツなので交換。
バッファロー製からPLANEX 無線LAN子機 (USBアダプター型) 11n/g/b 150Mbps MacOS X10.10対応 GW-USNANO2A (FFP)へ。

pi@raspberrypi ~ $ cat /etc/debian_version
8.0


OSのバージョンは8.0です。
GUIの右上のWifiボタンから接続したいSSIDを選んでパスワードを入れるだけであっという間にネット接続。




しゃべらせたいのでイヤフォンジャックをつないでみましたが、ノイズがものすごいです。
http://ogane.com/homebrew/rpi/1461/index.htmlを参考にさせていただき、
ファームウェアを更新!

$ sudo wget http://goo.gl/1BOfJ -O /usr/bin/rpi-update && sudo chmod +x /usr/bin/rpi-update

$ sudo rpi-update

$ sudo reboot


かなりノイズが低減しました!




本の7章の通りに音声合成関係をインストール。

誤植:
p202の/etc/rc.lolal → /etc/rc.local
p247の-x $DICDIRE \

初心者に優しそうな本でも、誤植を誤植と見抜けるレベルがないと壁にぶつかります。
初心者向けのプログラム関連本は初版を回避できれば誤植を回避できるかもしれません。

$ /home/pi/mugbot-talk-1.1.sh グアッシャ!

しゃべるようになりました^^




ラズパイを起動したら自動的にスクリプトを実行する!
についても知りたかったので試してみました。
http://torisky.com/ラズベリーパイ:起動時に自動実行したい
で勉強させていただきました。

$ sudo nano /etc/rc.local

として、rc.localの内容を書き換えます。
exit 0の前に
/home/pi/mugbot-talk-1.1.sh 起動しました。
を1行追加。




ラズパイのスイッチオンから自動的に音声「起動しました!」と言ってくれるようになりました^^
あとは外部にシャットダウンボタンとリブートボタンも設ければ、Arduinoに近い使い勝手にできそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク