チロルチョコ反省会


3月のチロルチョコロボット大会は、
第2競技の射撃ではトップだったのに、第1競技のトラブルでコントローラーの不具合がおき、出走できずで、上位入賞を逃した非常に惜しい大会でした。

忙殺されておりその後ゼムネスに触れておらず、今ようやく修理することができました。




前回からアンテナ付きのカートリッジを装着し、よりファミコン風に見えるようにしてみたのですが、そこに問題があったようです。
スイッチオンの際にこれまでもリクエストの多かった「いきフー」のアクションを入れてみたのですが、
いきフーの後でカートリッジを挿し直した際に、内部に設置した外部端子への切り替えスイッチが入ってしまっていたようなのでした。




外部端子ONの状態だと、標準のコントローラーから何を入力してもスタート+セレクトの信号が送られてしまい、脱力になってしまうということが再現できました。
そのトラブルになかなか気づけず、当日にコントローラーとボードを両方買い直すというすごい暴挙に出たりしました。。。
ハンダ付けが甘い箇所があり、をこを真っ先に疑ってしまったので、念のためやりなおしました。




th_CIMG7546.jpg
ちなみに、ボードとVS-RCV(受信機)は、このように向きをあわせます。
下に隠れているボードは向かって左側にUSB接続コネクタがあります。
スペースが許せば、受信機から下向きに2×5のメスピンを出してやればダイレクトに接続できます。(半田づけがちょっと面倒かもしれません。)

th_CIMG7547.jpg
ゼムネスはバックパックサイズの都合から、裏表逆の状態で受信ボードを入れています。
そうすると、隣り合わせのピン同士がそれぞれ逆になります。
これは自分向けのメモです。




バッテリーをカートリッジに内蔵にするなど、もうすこしだけファミコン本体無改造でも使えるかのような理想型に近づけたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク