Pokemon GO


昨日の深夜。会社帰りに公園を通ったら噴水の前に人がたくさん立っていて異様な雰囲気になっていました。




さっそく家でポケモンGOをインストール!しようとしたのですが、なんとOSが古くてダメでした。




妻のiPhoneが買ったばかりなので、配信開始から1日遅れでインストールしてもらいました。
子供が留守だったこともあり、珍しく夫婦で夜の散歩。
雑談をしながら歩くのですが、ポケモン発見の振動があるたびに「あ」となって会話を中断。
道の端に寄っては、交互にポケモンを拾っていきます。
相手がモンスターボールを当てそびれる度に腹を抱えて笑いながら歩きます。




自転車の人やカップルなど、いろいろなポケモンハンターとすれ違いました。
ドラクエ9のすれ違い通信以来の社会現象をちょっとでも味わえて大満足です。
この妙な現象はこの1週間じゃないとなかなか味わえないでしょう。




塾帰りの子供をピックアップし、子供もいっしょに深夜のポケモン狩り。
普段見慣れた公園のオブジェに名前があること気づかされたり、普段は通らない路地を歩いてみたりと、なかなか有意義です。
家に着くまでにレベル5になってジムバトルができるようになりました。
イングレスの拠点のような感じで、プレイヤーを3勢力に組み分けしてのジム取り合戦ということを理解。
噴水の前に立っていた人たちの意味もわかったような気もします。
ちなみに自宅からはポケストップ2カ所とジム1カ所にアクセスすることができ、ちょっとハマりそうで危険です。




後は他のSNSゲームと同様に、おそらく同じ事の繰り返し。ですかね?
SNSゲームは急かされる(ゲームに追われる)という側面が強くなりがちなので、少しでも面白いと感じたゲームはその瞬間にアンインストールしています。最大の敬意としてのアンインストールです。
でもポケモンGOはでもまだアンインストールしません。私のようにゲームシステムに急かされることにシラケを感じる人でも、たまにゲームを開いてポケモン図鑑の完成を目指したり、ゆっくり楽しむ遊び方ができるのです。イングレスに比べてさらに裾野が広い感じがしました。




世界の運動量、移動量の総量が確実に数%アップするわけで、その影響というのは計り知れません。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク