t1.5用まげしろ


厚さ1mmのアルミの曲げ加工の時のまげしろは、
90度のまげ1カ所につきまげしろ0.5mmで、つまり曲げの中心となるケガキ線から両側にまげしろ0.25mmをとるかんじになる。
これはゼムネス等で何度も作っているので安心の実績。まげしろ地獄の記事 でも復習済み。



厚さ1.5mmをやる必要が出たので、過去検索。
以前A4さんのブログ で教えていただいたように、
90度のまげ1カ所につき曲げしろ0.8mmで、つまり曲げの中心となるケガキ線から両側にまげしろ0.4mmをとるかんじ。
曲げ穴をあけるなら直径2mmでOKだが、辺に近すぎると割れるので注意。
曲げ穴はケガキ線が描けない場合に曲げる時のガイドになるが、ケガキ線が描ける場合でも、横のゆがみを逃す効果が若干ある。ただし1.5mm厚ではそのゆがみも無視できるレベル。

という復習メモ!
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク