コンポジット→RF端子の変換機


AV入力(コンポジット入力)のないテレビでAV出力の映像を見たいと思った時、丁度よい変換機がなかなかありません。
事情がありどうしてもその変換機が必要になったので、工作することにします。




自作方法については下記のサイトに詳しいです。
http://www.geocities.jp/bokunimowakaru/design-rfconv.html




th_P1110062.jpg

自作といっても、既存のもののコネクタを変換するだけのお手軽工作です。
私はNINTENDO64用のRFモジュレータを使うことにしました。(安かったから)
基板の裏側にハンダ付けするだけですし、分解はプラスドライバーのみでケースの破壊もありませんから、もしこの貴重品を本来の姿で使いたいとなったら、いつでも現状復帰可能です。




th_P1110063.jpg

一応自分でも調べました。
ピンアサインは写真で見える緑の基板上の下側、縦2横3で並んでいる6個のコネクタについて、
左上:Gnd  中央上:+5V   右上:音声R
左下:Gnd  中央下:映像   右下:音声L
となっているようです。




th_P1110065.jpg
配線を接続してタカチケースに入れます。
5Vの電源はUSBケーブルを使いました。USB用ACアダプタ等に挿して使います。
電流は300mAぐらいでも大丈夫そうです。




th_P1110067.jpg

AV入力側にゲーム機やビデオなどの写したいもの、RF出力にはファミコン用のRF SWITCHなどを接続し、テレビにつなぎます。

80年代前半までのテレビを現役家電として復活させる魔法の箱のできあがりです^^
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク