久々にMPLAB X


miconoさんの旧記事にあるRCBへのSBDBT経由のモーション作成を試してみたくなり、
久々にMPLAB X&PICkit3を起動しました。
過去の導入例はこちらです。




前回のパソコンが一度クラッシュしており、MPLABは最新版のV3.10を準備しました。
が、プログラムのビルド(トンカチアイコン)のところでエラーが出て失敗してしまいます。。。
以前はうまくいっていたのに・・・




事件はこのまま迷宮入りかと思いましたが・・・ランエレさんの質問箱に解答がありました^^
http://runele.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=5177073

>ペリフェラルライブラリは次のページからダウンロードをお願いします。
>http://www.microchip.com/pagehandler/en_us/devtools/mplabxc/

とありますが、日本語のサイトに飛ばされてしまいます。
ブラウザをプライベートモードにすることでたどり着けました。




一応過去記事のポイント&今回の分をまとめますと、
SBDBTのファームを書き換えるには・・・
・ハードウェアとしてPICkit3等が必要。
・ファームの編集ソフトとして、MPLAB X IDE等が必要。




・SBDBTのチップはPIC24FJ64GB004。
・PIC24に合うコンパイラは、XC16。
・コンパイラは別途ダウンロード&インストールしておくことが必要。
・さらに、追加でペリフェラルライブラリ(PIC24/dsPIC Peripheral Libraries)のダウンロード&インストールも必要。
・ファームの編集後は、トンカチアイコンでビルド。下矢印アイコンでPIC書き込み。

・ちなみに、各CコンパイラとPICとの対応は以下。
C18 : PIC18
XC8 : PIC12,14,16,18
XC16: PIC24、dSPIC
XC32: PIC32




無事に、
MacBookAir(VMware+Heart2Heart)→(ここ無線)→Bluetoothドングル→SBDBT→RCB-4
という接続ができました!

モーションの設定や書き込みが無線で可能です。これ歩行モーションの調整にとても便利そうですね。
VS-RC003でも同じようなことできるといいのですが・・・
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク