新パーツいろいろ

th_P1090979.jpg



新パーツを仮組してみました。
・腰の幅を少しだけ広く。
・二の腕のサーボを90度回転させて腕を細く。
・腕先を長く。
・ランドセル軽量化。
・その他コマゴマ。

いろいろ増設しながらも、今回のフレーム交換で約20gほど軽量化できました。




th_P1090976.jpg

拳の位置を見かけ上は太ももぐらいにしつつ、リーチは膝丈ぐらいまで伸ばしてみました。
ミニ四駆ナックルは写真のように大型のものも選択可能です。
腿裏とふくらはぎのところにある銀色のパーツは、配線をサーボ内臓化した時のガードです。




強度については、これまで何度かフレームを歪ませた経験値からのセーフの強度を狙っていますが、
実際に重量級とバトルをやってみないとわかりません・・・



以下自分用メモ。

・VS-RC003用小型軽量ランドセル
 オリジナル:26.1g
 オリジナル+肉抜き:24.9g
 新ランドセル:15.9g
 約10gほど軽量化。

・腕先長袖パーツ。
 オリジナル:7.3g
 長袖新パーツ:7.5g

・足のサーボ連結パーツ
 前作:2.7g
 新作:2.5g
 輪ゴム穴の分軽くなった。

・脇腹のピラー
 オリジナル:1.6g
 新作:1.2g
 肉抜きで軽量化。

・足のコードカバー
 1個0.5g程度




今回得たコツ

・曲げ機が使えない曲げしろの幅が3mm程度しかないものは、
 万力で挟んで金槌で叩いて調整。曲げしろは4mm以上は欲しい助かる。

・フレームを万力で固定して金槌で細かい曲げを行うときに、
 真鍮のブロックがいくつかあると便利。

・箱組みには少し失敗。
 1mm厚のアルミの場合、
 被せるフタ側はCADで描いたものにさらに1.8mmから2mm程度大きくする必要がありそう。
 (まげ1カ所あたり0.9mm〜1mmぐらいの追加のまげしろを足す。)

・ろぼとまさんの緑の曲げ機は、下側の台座がリバーシブル。
 溝が小さい方がパーツを鋭利にまげることができる。
 (今回はしらずに溝の大きい方でまげてしまいました。。。)

・ポケットベンダーを想定している場合、ポケットベンダー固定用の穴をあらかじめあけておくと便利。

・フレームの内側からネジ止めする際、ドライバー用の穴をフレームに開けて、
 肉抜きと作業穴を兼用させる。

・ネジ穴。
 M1.7mmネジはろぼとまさん切削で1.6mmを指定すれば、ギリギリタッピング可能。
 新規にタッピング用の下穴を手動あける場合には、1.3mmのドリルビットでよい。
 M1.7mmネジをネジきりせずに通すだけの穴を作る場合には、1.8mmのドリルビットがちょうどよい。

 M2ネジのタッピング用ネジ穴は、1.8mmのドリルビットでOK。
 



設計ミスなど
・ランドセルのCPU止め穴上側2個のサイズ。(M2タッピングなのに2.1mm径にしてしまった・・・)
・ランドセルのビス穴。中央サーボブラケット穴の位置。
・ランドセル上部のスピーカー設置パネル(本来は16mm×35mm。製品サイトの記述違い。)
・ランドセルのフタの穴の位置のズレ。(片方だけあけておいて、組んでから貫通穴をあけるのが手堅い。)
・フタがしまらない!(全配線をスリム化すればフタがしまる予定。。。)
・腰のセンサー取り付けビス穴位置(本来は26mm×21mm四方)
・二の腕直交用ブラケットの穴あけわすれ。
・腿裏のケーブルカバーがちいさすぎたかも。
→同じ図面で再切削する場合にこれらを修正。



ケーブルの軽量化をすすめてみて、可能ならやっぱり股関節ヨー軸を足したい。
ムリなら股関節に冷却ファンを足したい。
股関節のサーボを新品に。
股関節ロールを足とじ方向に輪ゴムでサポートしたい。
なるべく軽量頑丈に手のひらをつくりたい。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぱぱっちさんこんにちは

コメントありがとございます。
「部屋の片付けが終わった力」の勢いで改造を進めております^^

ロボゼロの入手当時からの懸案だった「二の腕を細くしたい」ですが、効果は大きいような気がします。
ミッキーマウスは手が大きいですし、アトムも前腕は太めでしたし、
バルキリーやZガンダム以降のガンダムも二の腕小さく、肩と前腕大きく、というのがトレンドになっていて、
どんどんその傾向が顕著になってきている気がします。
ので、二の腕を細くプロポーションが今風になるような気がします。

90度つけかえですが、サーボホーンを90度ずらして組み立てればモーションの変更はほとんどせずに済みそうです。
なのでおすすめです。
(肩のピッチとロールを交換しても、二の腕細くは実現できそうですね。)

あと、股間を広げることで股間の切れ込みが目立ち、足が長くみえるようになりました。
ただ、ロボワンの規定でロボットをつくると、自然と胴体が点に近づいていき、
結果として「ニコちゃん大王」や「まこと虫」のようなプロポーションになりがちなので、
胴の長さを十分にとり、人型に見えるギリギリのところをキープできればと思います。

ランドセルはCPUボード分、小さくできました。
でも薄くしすぎてフタがしまらず(笑)
ちょっと欲張りすぎました。

No title

ううぉ~!!
急速に進化している!
腕がかっこいいです。
こうして改めて見ると足が長いですね。(その分、腕も長くできますね。)
CPUボードを交換してるので、ランドセルは小型・薄型になってるのでしょうか?
プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク