ロックタイト


ニソコンで子供に遊ばせまくっていたら「ゼムネスけっこう丈夫だね」と師匠陣からチョイ褒めされました。

歪みやすかった標準フレームを折り目付きのオリジナルに変えたり、サーボギアをメタルに変えて重くなった分、強度に気を付けながら内部の金属を肉抜きしたりと、見えない小さな努力を積み重ねていただけに、とてもうれしい一言でした。

そうやって丹精込めてチューンナップしたゼムネスですが、考えてみればサーボもフレームも使うほど劣化する消耗品
景気よくちびっこ達に遊ばせているといずれ取り返しのつかないことになりそうです。テルルもヨボヨボとのことですし・・・
体験用は別途用意しておくべきかもしれません。




体験用機体などという机上の空論はさておき、堅牢性の面でずっと気になっていたのがネジの緩みです。
サーボホーン止めネジが部位によってはかなり緩みやすくなっています。特に腰のヨー軸と肩のピッチが緩みやすいです。
ロックタイト222を愛用していますが、それでは強度が足りないようです。
締めなおせば締めなおすほどネジ山が甘くなってくるので、その回数を減らし劣化を抑える意味でも緩みを減らしたいのです。




Rescue Robot Contest 設計まとめ さんを見ますと、ロックタイト243という選択肢があるようです。これよいかも。




となると、樹脂部品の固定にもネジ止めをつけてみたくなりますが、普通のロックタイトを使うと樹脂が割れるようです。
タミヤのネジ止め剤 はどうでしょう。大丈夫そうな気もしますが。。。
お安いので買ってみます。

みなさんはどう使い分けているのでしょう~~??
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コイズミさんありがとうございます!
おかげさまでタミヤ資材をメインフレームにしているロボサバ機のネジの問題が解決できそうです。
塗装面に付着してもOKというかゆいところに手が届くような情報もありがたいです! ∠(`・ω・´)

No title

タミヤのネジ止め剤 にはプラに使用OKの物とNGの物が有りますのでご注意下さい。
プラに使えるのは「酢酸ビニール系」と言う方です。
酢酸ビニール系なら塗装面についても大丈夫です。
ただし固定力は弱いです(1~2割り増しの脱出トルクです)が対振動用程度には成ります。

因みに同タイプは他のメーカからも出ていますがモノタロウの買ったりすると800円程度で
恐らく一生使い切れない量が入っています。

No title

A4さん、ありがとうございます。
ヨボヨボなんて書いてすみません(笑)、ヨボヨボはサーボの方なんですね!
私の方のフレームは歪み易いところは改めたのですが、全体的にネジ穴は少しずつマズイに感じなっている気がします。

ロックタイト242情報ありがとうございます!ずばり欲しかった情報でした。
抜けなくなることも想定しての六角キャップネジ選択などは、1kgオーバー級作成の時に参考にさせていただきます。

ぱぱっちさん、正解はロックタイト242のようです!
そういえば、首止めのネジですが、私もロボゼロヘッドの時はたしか緩みやすくて、そのまま同じ穴でM2に変更してしまった気がします。1.7mmネジの利点の一つが、穴が壊れた後M2で同じ穴を使えるところだと思っています^^

あと、ネジに関する重大なこと(笑)に気が付いたのであとで記事にします。

No title

RS303とかメタル化したRS306とかはすごくネジが緩みやすくて困ってます。ネジロックして抜けなくなったら困るので、毎回締めまししてます。
プラギアは思ったほど緩まないですね。

一番緩むのはロボゼロの首を止める1.7mmネジですw

No title

ヨボヨボなテルルですw
ヘタってるのはサーボのモーターで、フレーム等はまだまだ歪を感じませんね~。

私はネジロック材にロックタイト242を使ってます。
金属フレームへのネジ留め箇所は全てネジロックしてますが、先ずネジ抜けやタップ穴が馬鹿になったりはしないですね。(3kg級も然り)
テルルの大腿R軸のフリー側は勘合長1.0mmにM3ネジをねじ込むダメ設計ですが、4年運用してネジ穴破損ゼロですw

記事にもありますが、片持ち軸のホーン締結ネジ(中央の長い奴)は緩みやすいですね。
テルルはほぼ樹脂ギアなのでネジが抜けたりはしないんですが・・・3kg級だとファイナルギアにネジロック点けたネジをぶち込んでます。
抜けなくなる可能性があるので、六角キャップなど"最悪ネジ頭を掴んで回せる"ネジを選定すれば問題ないと想います。
またロックタイト243は強力すぎるので、ネジを抜く可能性のある場所は242をお勧めします。

長文失礼しました。
プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク