膝サポートギア新調


th_CIMG4785.jpg

シコキックを可能にしたゼムネスの膝サポートギアですが、A5052のやわらかアルミ1.0mm厚で作成してしまったため、どんどん削れています。バックラッシが多くなり、パワーも半減です。(上の写真の膝の中。)
しかも設計に問題があり、取り付け、取り外しが難しい形状になっていることも問題です。

バージョンアップの際には、ギア摩耗を前提としてなるべく交換しやすく、ついでに曲げ加工なしにして素材もA2017のジュラルミンにしよう!・・・と思ってもう1年以上経った気がします。




th_20150602_190531.jpg
重い腰を上げてろぼとまさんの切削サービス。
なぜいつまでもやらなかったかと言えば、他のパーツも必要に応じてジュラルミン化しようという欲があったからでした。
そのままでは何も進まないので割り切ってギアのみ切削。
同じパーツを大量切削しました。ゴーヤ風。
あとで聞いたところ、ろぼとまさんではジュラルミンのハーフサイズ板も受け付けているそうです。その場合フルサイズよりも少し安くなります。




th_CIMG4780.jpg
新調したジュラルミンギアはなかなか満足のいくできばえ。
もう少しサーボケースに対して精密に作っておけば、左上のネジ1本でもギアを保持できるかもしれません。その場合、足を一周しているギア保持用パーツが不要になり、パーツ数が減らせる上に交換にも便利です。

th_CIMG4781.jpg
ジュラルミンでなおかつ1.5mm厚なのが頼もしいです。以前のギアは1.0mm厚。
新品なのでバックラッシも少なくかなり理想的なかみ合わせです。
摩耗からの保護のためにミニ四駆用のグリスを塗っておきました。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク