ロンパース/ゼビウス3D/G


気がつけば11月も下旬になろうとしています。
家族行事とロボットだけで今年は全然レトロゲームをクリアできていないのでは!?という不安にかられ過去記事を読むと、
6月ごろにブログの下書きがありました。
ロンパースとゼビウス3D/Gをクリアしていました。




部屋の模様替えの後、PS2が余っていたので、子供部屋の小さいレグザにD端子で接続。
画質チェックのつもりでゼビウス3D/G(共にPS1用ソフト)を立ち上げてみたところ、想像以上の高画質で驚きました。
ではポリゴンゲーム以外はどうだろうとナムコミュージアムRのロンパースを試してみたところ、
こちらも目が覚めるようなクッキリドット。嬉しさのあまりついつい長時間プレイしまったのでした。




ゼビウス3D/Gは発売当時に少し遊びました。
自動車教習の空き時間に、その近くのゲーセンで遊んだ記憶があります。
90年代後半は、まだどんな駅前にも1軒ぐらいはゲーセンが残っていた時代です。
その後、いつかクリアする日もくるだろうとPS用の中古をコレクションしておきました。

アーケード当時ですでにポリゴンの雑な感じが気になっていましたが、レグザはその雑さも含めてクッキリと表示してくれており、新鮮な気持ちで楽しめました。
草原の面ではホソノ星人のスーパーゼビウスをオマージュしたような竹っぽいパーカッションが入っていたりして、よい感じです。
ポリゴンを使ったメカデザインの方はもちろん自分が好きな世界観からはちょっとズレています。
こんなデザインのメカや世界観はゼビウスじゃない!担当者全然わかってない!と思いながらプレイするのも、派生ゼビウスの醍醐味の一つかもしれません。

コンティニューの力で全ステージの雰囲気と音楽を堪能しました。全8面。
MSX2とPCエンジンのファードラウドもクリアすればゼビウス世界をほぼ制覇できますが、ちょっと大変そうなので後回しに。




ロンパースは言わば壁を倒せるパックマンです。パズルっぽい要素もあり楽しいです。
89年発売。発売当時には少しの間だけキャロットでみかけました。
荒いドットでキャラクターが大きいという、いかにもこの時期らしい絵作りです。
当時は「最高にクールなゲームしか作らないはずのナムコがまた・・・」と少し期待を裏切られたような感じで100円を入れてみた記憶があります。

ということで、本当は面白いゲームなのかどうかの検証の意味も込めての徹底挑戦です。




パズルゲームとはいえ、アーケード用。だったら2時間ぐらいあればクリアできるはずの難易度に違いない。
・・・と思ったのですが、甘かったです。
全61面ありますが、50面でドハマリしました。
フィールド上のクモガタの敵が追ってくるのですが、迷路がシンプルで狭く、逃げ場がほとんどありません。
反射神経では挟み撃ちを回避できず、かといってパズル的思考(敵の行動パターン先読み)をするには時間が足りなすぎます。

結果として、最適解となる移動パターンを一つ一つ探っていく方法で攻略することになりました。
しらみつぶしのルート探索に操作ミスも加わり、時間だけがどんどん経ちます。
セーブ機能や面セレクトがあるかもよくわからず、かといって後で続きをやろうと電源を入れっぱなしで放置すればきっと家族が消しちゃいます。
もう一度50面までやる気力はありませんから、この場でクリアまでたどり着かないと一生悔やむことになるでしょう。

1時間半ぐらいを費やしたところで、なんとか50面をクリア。
その後、ラストステージが近づき、59面、60面とシビアな面が続きましたが、50面に比べたら楽勝です。
61面でボスを倒して全クリア。ノーヒントで挑んだ分、心地よい達成感がありました。

アーケードで出会った時には、まさか将来自宅でそのゲームを攻略できるようになるとは想像だにしませんでした。しみじみ。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク