新機体用サーボ選び


ロボゼロ仲間のぱぱっちさんがフガクの整備が完了し新機体に取りかかるようです!

私も昨年末ごろには新機体が完成する予定でしたが、まだ着手すらしていません><




なんでさっぱり進まないのか自分に聞いてみたところ、
どうやらサーボ選びのところでつまづいているようです。
設計の核となるサーボが決まらないので、さっぱり前に進まないと。
なぜサーボが決まらないかというと、3kg級を作るためのサーボにどんな種類があるのかを良く知らないからでした。




もんやりとした状況をまとめてみます。

・ロボワンのランキングもヘビー級とライト級で別計算になったことですし、
 ライト級で本戦に出るメリットはもはやロマンのみ。
 どうせロマンを追うならば、別の角度からのアプローチもあっていいはず。
・作るなら3kgと渡り合える重量級の機体を準備したい。
・もうネタバレしてますが事情から機体自体は2kgで収まるように作りたい。
・新機体が完成するまでは、ライト級のゼムネスで本戦にも挑めばよい。
・初めて組むので、できればゼムネスをカスタマイズした要領で進めたい。
・ゼムネスのカスタマイズで良かった点は、
 ・試行錯誤しながら、一部をRS304→RS303にバージョンアップするなどのパワー調整ができた。
 ・G-ROBOTの既存フレームを利用できたので、試行錯誤に便利だった。
  フレームの自作も、G-ROBOT系フレームで満足できない部分だけ作れば良かった。




という感じなので、新機体用のサーボも、バージョンアップ可能でフレーム豊富なサーボで行うのが、身の丈に合った方法のようです。

サーボブラケットも販売されているのは、双葉、近藤科学の他、ハイテック、JR PROPO、ロボティスなどもあるようです。
新機体は王道の近藤サーボを試してみようかなと思います。(既に手元に少し持っているので。)




サーボの比較は記事をわけまして次回。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぱぱっちさんの新作とりかかりを言いふらしてすみません(笑)
30cmでいっぱい間接があるのがいいですよね!
ちっちゃくても1kg縛りがなければかなり自由度は増しますね!

No title

おお!!一歩前進ですね。

ちなみに、わたくしは「ロマン」で行きます(笑)

自分が欲しいロボットと1Kg以下のロボットにギャップがあるのは常々感じていたので、どうせなら欲しいロボットを作ろうかと。
私ももうネタバレしていると思いますが、どうしても”1/6サイズ”にこだわりたいので、ロボゼロの延長線上で1kgにしばられなかったら何ができるかを目指そうかと思ってます。

・・・とまあもっともらしいことを書きましたが、たくさん余っているFutabaサーボがもったいないだけだったりしてw
プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク