ミニ四駆ナックル

th_CIMG4413.jpg

【ウィングナックル】

汎用ヒト型決戦遊具ゼムネスの追加装備。
ゼムネスの手の甲部分に装着することで、ストレートパンチの攻撃有効範囲を約3倍に拡張できる。
また、フックとしての機能も有しており、公園の鉄棒にぶら下がって移動するなどの特殊状況に対応できるほか、投げ技でのホールド力も格段に向上する。
素材は最高レベルの軽量性・強度を誇るFRP製。
ミニ四駆用のパーツを流用することで、低コストかつ入手も容易である。




と、いつものガンダム本のうんちく解説風に書いてみましたが、例のミニ四駆パーツの使い道です。
ミニ四駆の「FRP強化マウントプレートセット」や「ARシャーシFRPフロントワイドステー」といったアーチ状のパーツを、手の甲の所に穴をあけてネジ止めしたしただけですが、非常に良い感じです。
今回ゼムネスに取り付けたものは200円ちょっとで2枚も入っているのでお買い得。
ミニ四駆の規格でネジ穴をあける事になるので、気分や用途によってウィングナックルの形状を他のミニ四駆パーツのものに入れ替える事もできます。
種類も豊富で格安なミニ四駆パーツをいつかロボットに使ってみたいと思っていたので、これはよい見つけ物でした。

ちなみに腕の先が幅広になっているという事自体は、ロボワンではかなりメジャーかつごく普通のことで、ライト専用機のほとんどの腕先がヘラ状です。

th_CIMG4414.jpg


このパーツのよいところは、ヘラ型の機能メリットの恩恵を受けつつ、ヒト型ロボットらしいコブシのシルエットを残せる点です。
状況に応じて飛び出したりたたんだりできるウィングナックルが理想ですが、まずは1kg以内の実装が先です。



実際の使用効果ですが、ロボワンライトの大会結果の通りです。
ウィングナックルによるパンチは、小さくて素早いダーウィンミニを倒すときに効果覿面。
攻撃範囲が広くなったことで、操作が下手でも当てる事ができました。ゲームが少しイージーモードになる感じです。
また、投げ技のホールド力も実証できました。KHR戦では良好なホールド状態から、相手を引倒す投げ技を成功させることができました。




とても便利なミニ四駆ナックル。ロボゼロに限らず、小型格闘ロボにはおすすめです^^
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク