RS30xPacketUtilでコンプライアンススロープを変更する


RS30xPacketUtilでコンプライアンススロープを変更しようとして上手く行かず、悩んでしまいました。




原因は、Dataの欄に2バイトを入れていたからでした。
他の角度のデータが2バイトであるのに対し、コンプライアンスマージン、コンプライアンススロープなどは
1バイト指定です。

Packet MakerのDecの欄に4を入れた後、
SInt32、SInt16、SInt8、の3種類の数字が候補として右側に出ますが、
下のLengthに表示されている数値が2ならSInt16、1ならSInt8の数値を入れます。
(Lengthの数値は、選んだCommandによって変化します。)




うまく変更できました!




おまけ。ロボゼロをいぢる作業も続行中。

th_P1090636.jpg

頭部にヨー軸を追加して表現力アップ。
使ってみたのはMG90Sというサーボ。金属ギアで安くて小さくて13gで小さくて1000円以下といいことづくめですが、全高約32.6mmとRS30x系よりもあるのが悩ましいです。
ケースの直方体部分は12.4×22.6×22.5。耳の幅は32.1です。音も少しノイジー。


th_P1090638.jpg

サーボホーンのセレーション受けはプラリペアで作成してみました。
軽量化のためにヘッドパーツがペラペラなので、大会では壊れる事もあるかもしれません。
この改造を含めてもギリギリ1kgに収まる予定です。


th_P1090639.jpg

こちらはライト級では重量オーバーなのでオプション。
ロボットを踊らせたときの表現力アップのためのパクパク開く手です。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク