ねじくらべ




スクワットで遊んでいる動画をアップしておきます。
膝のダブルサーボをギアでリンクすることで屈伸力の向上を試みていますが、効果がでているような気がします。
モーションを調整すればさらに素早く立ち上がれるかもしれません。




さて本題はネジの軽量化の話です。

現状でも150個ぐらい使っているスチールネジを軽量なものに変更したら、労せずに全体の軽量化ができるのでは!?
と思い立ち、FaceBookの方で樹脂ネジについて質問してみたところ、アルミニウム、チタンもしくはマグネシウムネジという手があるよと教えていただきました。



th_CIMG0288.jpg
①まずこちらは、低頭ではない普通のM2ネジ4mm×10本。おそらくアルミ製。1.25gです。思ったより重いので、磁石にくっつかない別の合金かも?たぶんネジの西川で100本300円ぐらいです。


th_CIMG0290.jpg
②こちらはスチールの低頭M2ネジ4mm×10本。0.98gと、低頭な分軽量です。低頭すごい!
ロボットショップで50本600円ぐらい。


th_CIMG0293.jpg
③低頭が軽量化に大貢献するなら、さらに短ければどうだということで、スチールの低頭M2ネジ3mm×10本。0.68gとよい感じです。こちらもロボットショップで50本600円ぐらい。


th_CIMG0289.jpg
④軽量金属ネジの真打ち、マグネシウムM2ネジ4mm×10本です。
なんと0.26gです。すごく軽いです!!!手に持った感じも、スチルネジとは明らかに違って紙細工でも持っているような不思議な感覚です。
ややお値段張りまして、40本1200円ぐらいです。



この他にオススメ素材として、チタンネジもあります。チタンは③と④の間ぐらいだと思いますが、強度と軽量化のバランスはかなりよいと思います。
ゼムネスの軽量化としては、メインで④を使いつつ、強度が必要な部分や長すぎて干渉する部分には③を使っていくという組み合わせで進めてみたいと思います。
これで、ネジの総重量を半分〜1/3ぐらいまで押さえることができます。
RX30X系サーボのメタルギアと樹脂ギアの重量差は実測で4.4g程度なので、10g浮いただけでも、2カ所のサーボをメタルギア化することが出来るのです。




強度に関してはいろいろあると思いますが、基本的にサーボホーンにかかる回転モメントはそのままサーボギアに負担されると思います。
許容量を超えた力がかかった場合、サーボホーンのネジが平気でもギアが破壊されてしまいますから、とくに樹脂ギアの場合、ネジの強度だけ上げてもあまり意味はないような気もします。
もちろん、メタルギアの場合にはかなりの強度があるので、ネジの強度は高いに越したことはないと思います。
バットで殴り合うようなパワフルな重量級となると・・・また話は別かと思います。




以上、一切の工夫をせずにマネーパワーだけで軽量化を進める計画でした。
メリークリスマス。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あけましておめでとうございます。
黒ネジかっこいいですよね〜。
フガクも重量ギリギリだったと思いますが、胸板のベースがもしまだアルミでしたら、ABSへの変更で強度を最適化しつつ軽量化できそうな気がしています。
ゼムネスは胸板にまだバッテリーを積んでいるので、胸板を軽量化する際には合わせて構造も一緒に変更しないとなーと思っています。

結構かわるものですね。

ネジの重さも結構違うものですね。
ネジで軽量化しようなどと考えたことがありませんでしたので新発見です。
ちなみに私はデザイン性しか考えたことがなくて、2mmも1.7mmも基本的には黒に置き換えました。(サーボ用の長いネジは除く。)

No title

いしかわさんありがとうございます!
銅線は金属のカタマリですもんね。動画だとダブついて見えるんですが、体をねじるとギリギリになるよう、余分な配線は一度詰めてしまっています。なので、次の軽量化は細い線を使うことだと思います。
イガアさんがよく使っている黒くて細くて柔らかい線がすごく気になっています。

軽量化

判っていると思いますがネジを軽量化するより余分な配線を詰めたほうが効果的ですよ
プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク