フルメタル・ゼムネス

th_P1090483.jpg



足サーボのショート問題が解決し、以来、ボードはとても安定しているように思います。
ゼムネスが突然健康になったかのような快適さです。




レゴとモーターで作った回転棒をくぐるフィジカルなゲームを勝手につくって遊んだりしています。
そもそもゲームロボットのタイトル通り、ゼムネスはこういう風に遊ぶために誕生したのであります。

ひとつ気づいたのが、回転棒をくぐるだけでも、ちょっとした反応の遅延が気になってくるということ。
ふだんからこういう遊び方をすれば、想い通りに動かせるようになり、大会でも見せる戦いができるようになるのではと期待しています。
それ以前に前進歩行でコケるのをなんとかしたいですが。




遊んでいるうちに、ギアが欠けてきました。
膝関節に加え、壊れやすい両肘のギアをメタル化。
これでももう残る樹脂ギアは腹筋ピッチ軸だけだったのですが、
2回連続でギアがかけしたことを受けて、メタル化することにしました。
禁断の領域フルメタル・ゼムネス。
まあ毎回ギアがカケるくらいなら最初にお金をカケた方がストレスも少なくて精神衛生上よろしい!と思う事にします。

改めて調べたところ、足首ピッチ、肩ピッチ、肘ロールの3カ所が樹脂でした。
そして、足首ピッチは今日欠けました。

まだまだ前進モーションも完成していませんが、
ようやく、安定的なハードとソフトの入手という「スタート点」にたてたのかもしれません。
もしここからハードをいじらなければ、1月をまるまるひと月モーション調整に当てることができます。これすごい!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク