肩パーツ強化


ロボゼロは横に転ぶので、肩のピッチとロールを連結するフレームパーツが衝撃で歪みやすいです。

ロボゼロの肩パーツをG-ROBOTS用のパーツに変更すると、オフセットがなくなりその分、腕のリーチが稼げていい感じ になるのですが、アルミフレームが肉抜きしてあってとても強度が低いのが難点です。




th_CIMG4176.jpg

写真の左側はG-ROBOTS用の市販パーツです。カッコいいのですが穴だらけです。
右側が、以前足のサポートギアを作った時についでに作った腕の強化パーツです。(作っただけで忘れてました)
フレームの端に折り目をつけることで、強度をアップしてみています。
強度をアップしたと言っても、素材が柔らかい方のアルミでフニャフニャです。次に作る時はジュラルミンでやってみます。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まがりやすい分、ラジオペンチなどで修正も簡単なので、消耗品扱いにするのもアリだなと思います。
私も変更前はそういう扱いにしていました。
アルマイト化、いずれ挑戦したいです。

No title

確かにG-Robotsのこのタイプは手軽なのですが、すぐに曲がりますね。
消耗品だと思って買い替えても良いかなと思っていたのですが、私の場合色を塗るのが面倒なので、アルマイト化するとちょっとお値段が高くなり気軽に交換できないです。(アルマイト化しても、曲がるものは曲がります。)

あぶないところでした!

fumiyaさま
ありがとうございました!
A5052で作った膝サポートギアがどんどん削れてしまうので、A2017で作ろうと思っており、
曲げパーツも同じ板から削ろうと思っていたところでした。
また、ジュラルミンで膝ギアを作る場合、曲げなしで使えるものを再設計する必要があることもわかりました。あぶないところを助けていただきありがとうございますm(_ _)m

No title

写真の様な板金部品を作成されるのでしょうか?
ジュラルミンは曲げることに向いていないので,(曲げようとすると折れてしまいます)
A5052とかその当たりの種別の方がいいかと思います.
その上で強度を増したいのであれば,板厚を増やすしかないかと.
プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク