第25回ROBO-ONE本戦


ついに本戦です。
当日は朝までかかってモーション作成&モーション作成で欠けたサーボの交換。
前に倒れ込みつつ両手パンチを出し、足で踏ん張って倒れないようにする、という謎モーションを作ったところで時間切れです。会場に駆けつけます。




前日の懇親会で、横攻撃の判定方法などについて運営サイドから開示がありました。
そして当日の朝、改めて本戦ルールについての解説がありました。

既存の公開情報と新しいルールを端的にまとめると、

1)攻撃可能方向は、腰の中心正面から左右45度以内。腰のない機体は胴を腰とみなす。
2)キックは横OK。キックとは腰より高い位置の足攻撃のこと。
3)しゃがみは3秒以内OK。 
  ・昇竜拳(しゃがみからのアッパー)→たぶんOK。
  ・まわたり歩行からの投げ→たぶんOK。
  ・ライト級専用機で主流の、攻撃側の膝をペッタンコと畳んでの横攻撃→ライトではOK。(たぶん)

ということかなと思います。
ロボワンの見た目を派手にするには、どうしても回し蹴り系のワザが必要だと思っていたのですが、横キックOKの明示は非常にありがたかったです。あとは自分次第。

準備した前倒れ込み攻撃の他、シコキックも本戦で使用可能ということが分かりました。




記念すべきロボワン本戦第一回のお相手は吉田さんのGargoyle KIDです。
ぱぱっちさんと作戦会議し、ダメもとでワザを出して、捨て身ワザとみなされたらそこで封印すればよし。とにかく使えるワザを出していく、という方針を決めました。
一人でグルグルと考えるより、誰かに相談した方が客観的な意見がもらえて迷いを減らすことができます。





(動画はぱぱっちさんの撮影分と、うじさんの撮影分を使わせていただいております。)

ゼムネスの歩行コンディションは前日のライト級の時とさほど変わらず。バックはできるのでとりあえず後ろ向きに構えてみました。

出したワザは、

【前倒れアタック】
動画14秒ごろ。攻撃時に足を畳んでいいと知らなかったので、着地時に律儀に45度に保っています。
着地時は一応耐えてますが、ワザをしまうときにバランスを失って転んでます。。。
このワザはスカッた時に手を地に着かないので、チューニングすれば使えるワザになる予定です。


【しゃがみガード】
動画31秒ごろ。しゃがみ時に足裏のスリップ面を設置させることで、攻撃を受け流す作戦。
攻撃を受け流した後、偶然いい位置ついたらそこから反撃するつもりのワザです。
ガーゴイルのアタックが中心から逸れていたため、偶然か手加減か、とにかく見た目上は回転による受け流しで1発堪え忍んだ感じになりました
このワザは3秒まではOKのはずです。


【シコキック】
動画52秒ごろ。再接近でのシコキックでしたが、足が十分に上がらず横攻撃判定になってしまいました。
直前と直後にも何も無い場所で出していますが、どちらも足があがらず調整不足。
ちゃんとハイキックが出るように調整しつつ、ローキックもライト用に設定しておこうと思います。


【ワンツーパンチ】
動画2分11秒ごろ。当たってはいるのですが、自機を後ろにズリ下げる程度の軽すぎるパンチでした><
このパンチモーションはまだまだお飾りの領域です。




特筆すべきシーンとして、動画1分57秒ごろ、Gargoyle KIDの攻撃がヒットしてゼムネスが宙に舞っていますが、こちらは新ルールに則り無効という判定になっています。
腰の中心から左右45度以内でのヒットを狙った攻撃であっても、攻撃のヒット時にその振り上げた手が有効攻撃範囲外だった場合に無効になります。
極端に言いますと、ヒューマノイドロボットの場合、肩から伸びる腕自体が攻撃範囲外の場所に付いています。肩の位置から拳を振り出すとすると、拳が前方90度の攻撃可能範囲に入るまでの間、攻撃不可範囲を拳が通過することになります。この攻撃不可範囲に拳が存在する間に攻撃があたると、横攻撃とみなされるということです。故意にこの攻撃を出すと反則の対象にすらなるようです。

なのでちょっとしたエアポケットのようなものが生じています。
以前のルールだと「相手の真横は最大に危険な位置」だったのですが、今回からはむしろ「相手の真横は安全地帯」という風に位置どりの価値が逆転しています。

もちろん、真横であってもハイキックや捨て身ワザは依然として有効ですし、一瞬で45度旋回してからのパンチや投げは有効ということになるので、今後はそういう種類のワザも沢山見られるようになるかと思います。




移動はイマイチでしたが、いままでの試合で一番沢山のワザを出せた気がします。
吉田さんのGargoyle KIDは、たぶんつかみ投げかなにか、肩慣らしがてらの大技を狙っていたのだと思うのですが、おかげで2分間試合を続けることが出来ました♪
2ダウン+転んで場外で計3ダウン。




今後やりたいこと

【近々やる】
・ホームポジション調整用ゲージの導入
・前進の調整
・ライト専用機のようなサラサラという左右移動。
・しゃがみからの移動(間合いからの離脱)
・前進しつつの攻撃
・シコキックハイの調整&シコキックロー
・シコキックからの立ち上がり時に、攻撃方向に進むか、戻るかの選択分岐。
・前シコキック攻撃の調整
・寝そべりからの前後移動(U1Kの時に入れていたもの)
・足裏のサイズ拡張

【余力あれば】
・サーボケースに穴あけてヒートシンクをつけてみる。
・格安の小型PWMメタルギアサーボを、首につける。
・まばたき
・ボンネットやランドセルの軽量化
・足ヨー軸

以上、第25回ロボワンのまとめでした。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク