RobovieMaker2(12)純正ジャイロをつける


VS-RC003に純正ジャイロの「VS-IX001」を接続してみます。





フラットケーブルの圧着は初めてですが、こちらを参考に万力で行いました。
1発で10本全部のケーブルが圧着できるのは痛快そのもの。
念のため隣接ケーブルとのショートをテスター確認しましたが、大丈夫のようです。
コネクタの方向は少し悩みましたが、フラットケーブルに対してコネクタを同じ向きにするのが正解です。
(2つ目のコネクタは、1つ目のコネクタをケーブルに対して向きを変えず平行移動させたような位置関係です。)




ジャイロセンサの接続箇所はいつもの骨盤ウラです。

th_CIMG4121.jpg

ギリギリ入りました。これが加速度センサも兼ねてくれているので、ランドセル内に入れていた加速度センサは不要になりました^^
フラットケーブルの出口用に旋盤でスリットを開けています。
ちなみに太腿のところで光っているのは、効くかどうか怪しいですが気休めに貼っているノートPC用の放熱シートです。




次は設定です。
基本的な設定についてはマニュアルが丁寧なので従えばOKです。↓
http://www.vstone.co.jp/




さてどのサーボにフィードバックをかけるか。
これはロボゼロと同じ設定にしておきます。
つまり、
・股のピッチ軸と足首のピッチ軸
・股のロール軸と足首のロール軸
の4カ所です。
モーターの反映方向が逆になっている箇所は、設定の係数にマイナスをかけておきます。




ジャイロの影響度については、設定から数値を入力する方法と、スライドバーで調整する2つの方法があります。
あれ?スライドバーで調整した数値は、ロボットをスタンドアロンにした時に反映されてるの?されてないの?
という素朴な疑問が残りますが、「反映される」が正解でした。↓
http://lets-robot.com/modules/bluesbb/thread.php?thr=51&sty=1&num=l50




これにて装備と基本設定は一通り終了。
内容1年前とほとんど変わりませんが、全体の安定度が向上している・・・はず・・・なのです。

th_CIMG4122.jpg

太腿がサーボが熱くなりやすいので冷ましながら歩行特訓しています。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク