電波のまとめ


ロボサバはそれぞれが作ったロボットが複数台、しかもビデオ装置も使うので、混線して大変です。
BluetoothとZigbeeの違いとか、ラジコンのバンドの種類とか、知らないことも多かったの、分かる範囲で表にまとめてみました。




~1.6MHzまで:AMラジオ
25MHz帯:京商ミニッツADバンド(1~20ch)※1・KONDOのプロポ(ADバンド1~3ch)
27MHz帯:ラジコン地上・水上用12バンド
40MHz帯:ラジコン地上・水上用8バンド
40MHz帯:ラジコン上空用5バンド
72MHz帯:ラジコン上空用10バンド
76MHz~:FMラジオやVHFテレビ
470MHz~:UHFカメラ(UHFテレビ)
1.2GHz帯:アナログカメラ(最大8ch。1080,1120,1160,1200,1010,1040,1240,1280MHz※2)
2.4GHz帯:※4無線LAN(b/g)、VS-C1コントローラ、ラジコン用コントローラ、
       トイラジ用コントローラー、Bluetooth、Zigbee、USBカメラ
2.5GHz帯:無線LAN(b/g)
5GHz帯:無線LAN(a/n)※3

※1 ミニッツ(京商のラジコン)の送受信は、ADバンド以外にも
   AM 27MHz、FM 27MHz BETバンド、ASF 2.4GHzがある。
※2 1.2GHzのアナログカメラでチャンネルが固定のものは、たぶん1200MHz。
※3 IEEE 802.11aは5GHzのみ。802.11nは2.4GHz&GHzのミックス(なのでロボサバでは干渉するかも)
※4 Bluetoothと2.4GHz帯の無線LANで干渉が起こることがある。
   Bluetoothは使用する周波数を小刻みに変更してノイズ耐性を増す周波数ホッピングを行う。
※5 2.4GHz帯の代表例
・VS-C1:Vistonのコントローラー。周波数自動切替方式。(周波数ホッピング?)
・Wiiリモコン:Bluetoothを使用。
・PS3リモコン:Bluetoothを使用。




特に2.4GHz帯はトイラジやUSB遠隔カメラなどでも使用される人気の周波数帯で、IEEEに準拠したものと、そうでない独自規格のものが混在するのでかなり厄介です。
仮に使用機材がすべて全部IEEEに準拠していたとしても、IEEE802.11gの映像転送とBluetoothはガッツリと干渉することが分かっています↓
参考)http://repo.lib.nitech.ac.jp/bitstream/123456789/8148/1/J91-B_321.pdf




おまけ。 IEEEなんちゃらについて。

IEEE 802.11 b/g/n:無線LAN、Wi-Fi(2.4~2.5GHz帯)
IEEE 802.11 a/n:無線LAN、Wi-Fi(5GHz帯)
IEEE 802.15.1:Bluetooth(2.4GHz帯)
IEEE 802.15.2:IEEE 802.11との共存性。
IEEE 802.15.3a:UWB(高速、位置検出可。日本では3.4~4.8GHz、7.25~10.25GHz、22GHz~29GHz)
IEEE 802.15.4:Zigbee、Xbee

IEEE同士で干渉するなら規格を制定していえる価値半減!て思います。




現状の結論として、混線の原因は主に2.4GHz帯であり、その干渉から逃れるには、
(1)純粋な5GHz帯であるIEEE 802.11 aか、IEEE802.11 acで無線を構築する。
   (IEEE 802.11 nは5GHzと2.4GHzを混ぜて使うのでダメ)
(2)ラジコン用バンド+UHFカメラの組み合わせで構築する。
のどちらかが、手堅い方法のようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク