ツインスティックでロボサバ

th_P1090422.jpg



ロボサバ大会では、毎回なにか1つはマイナーチェンジ的なことを加えるようにしているのですが、
今回は操作系をサターンのバーチャロンツインスティックにしてみました。





使用したツインスティックは、今回のために作ったコネクタをプレステ用に改めたものです。

無線はWiiリモコン+USB無線ドングル+SBDBT。
そして、Wiiリモコンの拡張端子をPSコネクタに変換するドングルも使用しています。




arduinoとSBDBTの接続は、前回の記事の通りです。




ロボサバは基本的に無線カメラの映像を頼りに撃ち合うサバイバルゲームです。
なので、操作する場所と戦闘フィールドはベニヤ板やカーテンなどで仕切られています。
Wiiコントローラーの拡張端子を使う利点は実はここにあり、
Wiiコントローラー本体(つまりアンテナ部分)だけを、仕切りをまたいだ戦闘フィールド側にぴょこんと出しておけます。
これで、電波状況が改善し、コントロールが目に見えて安定します♪




遊んでみた感じ、かなりのアサルト感を満喫できました。これぞファミコン版アサルト!(違)いや遊んだ感じはグロブダー。いやむしろサイバースレッドかもしれません^^




脱輪防止処理とか操作系プログラムのきめ細やかな処理をしていないので戦果はイマイチでしたが、ちょっと手を入れれば十分に遊べるものになりそうです。
1度、被弾センサが機能しなくなり焦りましたが、原因はarduinoのシールドが十分にささっていないためでした。
自作のarduino版の被弾センサは、かなり安定している方なので、そろそろオフィシャルサイトでソースを公開しようかと思っています。




th_P1090429.jpg
今回のロボサバ参加ロボたち。
写真だと分かりづらいかもしれませんが、中央のピンクの二足ロボットが吉田さんの愛機「さくら2号」で、今回はボトムズのスコープドッグみたいに、カメラのレンズが回転して切り替わる方式です。理想的です!
さらに、さくら2号の前にあるデフォルメマシンガンが、田中さん制作のフルスクラッチM2です。
ロボがまだ完成していないロボサバ参加者や、ロボが故障して遊べなくなったプレイヤーには、審判などをお願いしつつ、トーチカ戦ではこのM2等でロボを撃ちまくってストレス発散していただいています。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク