Nintendo64のRGB化


スーパーファミコンから一転、Nintendo64のRGB化には、内部改造が必要になります。




といっても、ハンダ付けとIC組み込みだけで出来てしまうようです。

基本は爆竹銃さんのサイトNintendo64 RGB出力化 や、
海外のRetroRGB-N64 RGB Mod などを参考にさせていただきました。




N64は生産ロットにより内部のビデオチップが違うようです。
当たり外れがあるようで、初期ロットに入っている「VDC-NUS」「VDC-NUS A」がRGB化可能なチップとのことです。
私の所持してるN64は発売間もない頃に入手したもの(とあるコンテストの入賞商品としてもらった!)ので、セーフでした。




th_P1090402.jpg

基盤へのハンダ付けは、低温タイプのハンダを使って慎重に行います。
1)基盤の足にハンダを追加
2)リード線にもハンダをつけなじませる
3)基盤の足とリード線を接触させてハンダ付け完了

という風にやると私のような素人でも上手く行きます。3)の時にハンダを追加しないのがイモにならないコツです。
+5Vは基盤から、GNDはAV端子の根元からとりました。




th_P1090404.jpg

ビデオアンプはNJM2267を使い、爆竹銃さんの通り に作ります。
N64はケース内部に余裕がありますが、空気の対流による冷却などを考えると、なるべくコンパクトに作った方がよいと思います。私のは少し大きくなってしまいました。




スーファミ用RGBケーブルには内部に220μΩは入っており、爆竹銃さんによると、そちらを無効にする必要があるそうです。
AVマルチ入力のWEGAで見る限りは、あまり差はないようです。
N64の「ゼルダの伝説 時のオカリナ」については、コンポジット入力で一番画面がキレイに見えるようにと調整してあるようで、RGBとコンポジットを比較すると、コンポジットの方がこなれています。WEGAのRGBではギザギザが目立ちすぎてあまり美しく感じません。
ブラウン管RGBだともう少しマシかもしれないので、EL1883の到着をおとなしく待ちます。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク