WEGAにレトロPCをつなぐ


液晶WEGAのAVマルチ入力端子にレトロ系PCを接続する作業をしています。




まず、PC-8801SR。

8801SR本体からC-syncが出ているので、接続自体は問題なし。
AVマルチ入力端子の同期はコンポジットビデオばかりと思っていましたが、コンポジット同期でもセーフでした。
ただし、GとBに揺らぎがあり大きな縦縞が出てしまいます。
明度もそのままだと高すぎるような気もします。
ひょっとするとPC-8801SR側の問題かもしれないので、他の機種を試してみます。




SMC-777cを試します。

こちらも本体からC-syncが出ているので問題なし。
しかも、縦縞もなくほぼ完璧な表示です。明度も問題なしと感じました。




お次は我らがX1。

C-syncが出ていないのが問題です。5Vの出力もないので、ICによる信号ミックスも面倒です。
試しにH-syncとV-syncをそのまま束ねてC-syncに入れてみたところ、バッチリ映りました。
将来的には、ダイオードやコンデンサをかませておきたいと思います。
WEGAがH/Vを単純に合成した信号に反応してくれることが分かったのは収穫でした。




PC-8801SRに戻ります。

画面に大きな縦縞が出るのは、PC本体側の問題であることがほぼ確定しました。
CRTではキレイに映っていたので、劣化したPCの信号の揺らぎがWEGA側の補正機能によって増幅しているのかもしれません。
怪しいのは電源やビデオ周辺のコンデンサでしょうか。あとで交換をしておこうと思います。




WEGAに手持ちのすべてのレトロ機器を表示させるという計画は、オシロスコープを使うまでもなく、
案外簡単に進められるかもしれません♪
ゲーム機をCRTに映せるように調整を進めていきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク