RGB規格の家庭内統一


暇のあるうちにペンディング状態だったゲーム機のRGB化を進めていきたいと思います。

ゲーム用のRGBモニタとして使う予定なのは、SONY_WEGA(KLV-15AP2)。
AVマルチ入力端子がついており、15kHzで対応ありながら、液晶ということで薄く収納も便利です。
そちらをメインとしつつ、いざという時(どんな時だ・・・)にはブラウン管のCRTディスプレイにも対応できるようにしておきたいと思います。




WEGAへのRGB入力を基本とすると、AVマルチケーブルがたくさん必要になってしまいます。
ハードオフなどで格安で手に入りそうにも思えますが、12ピンがフルで通電するものはけっこう希少です。
ジャンクコーナーで容易に手に入るAVマルチケーブルは、コンポジット出力用がほとんどで、ピンのうち4つぐらいしか通電していないのです。

そこで、

AVマルチケーブル → 適当なコネクタ規格メス ⇔ 適当なコネクタオス ← 各ゲーム機

という家庭内規格を決定し、各機種用のケーブルを作りたいと思います。
こうすれば、将来21ピンやその他の15kHzモニタにも、ケーブルだけ1本つくれば対応できるようになります^^
状況に応じて臨機応変に適切な組み合わせを繰り出せるという合体モノ的な萌え要素も十分です。




ピンアサインの参考にさせていただきましたのは、いつもの東京RGBホスピス さんです。




家庭内統一コネクタの規格についてはいろいろと迷いましたが、
PC-8801系のモニターで使われている15ピンのD-subコネクタを使うことにしました。
秋月でも千石でも入手が容易で、ハンダ付け加工もしやすいです。

ピンアサインは88系のものに準じつつ・・・

LRGBS.png

1 RED
2
3 GREEN
4 GND
5 BLUE
6
7
8
9 Composite/C_sync
10 Audio_Left
11 Audio_Right
12 GND
13 +5V
14 H_sync
15 V_sync

としてみました。
88系15ピンでは2,4,6 番が映像用のGNDに割り当てられていますが、
音のGNDと映像のGNDは多くのケーブルでは一つにまとめてしまう事も多いため、GND同士を結線しやすいよう、4番を全体のGNDとして選びました。
また、14,15のsyncも選択肢として残してあるので、信号の分離、合成の中継回路を作れば、PC用ディスプレイにゲームを表示したり、レトロPCの画面をWEGAに出力できるようにもなるかもしれません^^




th_CIMG3736.jpg

できあがりの図。

これに、いろいろなものをつないでいく作戦です。
次回は第一弾として、メガドライブに挑戦してみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

チョークコイルありがとうございます。
フェライトコアをつけたり信号線を1〜2周ループに巻いたりは試しましたが、それから先は思いつきませんでした!

No title

こんにちは、 何か作って見なけりゃ覚えられない、判らない。

体験するのが一番です、でも無駄な時間ばかりが過ぎて行く・・・・・(泣;

ところで、ノイズ対策に交流電流の流れを阻止するチョークコイルは試しましたか?

違い

shiogさんこんばんは。
何かを作られているようですね^^
DuemilanoveとUNOを併用していますが、ツールから書き込みボードを選択する時以外に差を感じたことはありません。

秋月の互換ボードにArduinoのブートローダ書き込みまでは成功されているんですよね。
(私は実は秋月の互換ボードを持ってはいるのですが、まだ組み立てていません)

http://www.geocities.jp/bokunimowakaru/diy/arduino/ae-atmega.html
↑によると、RXとTXが秋月ボードでは純正品と逆のようなので、シリアル回りでしたらひっくり返したら動くかもしれません。

No title

こんにちは、シメサバは好きだけどロボサバはまだ食していない・・(笑

ちょっと教えて、Arduino Uno R3とDuemilanoveって何が違うの?

秋月のATMEGA168/328用マイコンボードに328P-PUを搭載して
「Arduino Duemilanove互換ボード」を作ったら一部機能しない。

シールドは同じもの、スケッチも同じ、当然Arduinoソフトウェア
も同じです、違いはソフトのtool→Boardで選ぶボードが違うだけ

Unoで動くが互換ボードで動かない、使用できない命令とか
関数って何か有るのでしょうか?

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク