SMC-777cをPC-KD862につなぐ


前回、SMC-777cのキースイッチの修理 に成功しました。
パイロットランプが点きますし、CAPS LOCKのランプもちゃんと点灯しますが、モニタに絵を映すまではどういう状態なのか分かりません。
まずはモニタ接続です。




8801SR用に使っているPC-KD862につないでみたいと思います。
以前X1の接続にも成功 しているので、今回もたぶん大丈夫です。




th_CIMG3677.jpg

SMC-777cのアナログRGBケーブルのピンアサインは、
アイレン マニュファクチュア さんのこちら より。

モニタのPC-KD862側のピンアサインは、
東京RGBホスピス さんのこちら

<PC-KD862側>
1 RED
3 GREEN
5 BLUE
12 GND
14 HSYNC
15 VSYNC

<SMC-777c側>
4 Red
5 Green
6 Blue
8 nc H. SYNC
9 nc V. SYNC
15 GND

を、それぞれ接続すれば、映ってくれるはずです。
グランドは他のGNDピンでもたぶん大丈夫です。




th_CIMG3678.jpg

ケーブルは8芯必要かと思いましたが6芯で大丈夫でした。
また、お店の人からはディスプレイなら75Ωでの整合が必要のはずとアドバイス伺いましたが、今のところとりあえず大丈夫のようです。




th_CIMG3685.jpg

起動してみると、電源を投入しただけでは画面にMEMORY ERRORと表示されます。
(同期ボリュームの都合で、画面は少しずれています)


th_CIMG3692.jpg

しかし、リセットボタンを押すことで、正常起動しました。
(メモリ付近か電源付近の小さいコンデンサが劣化してチャタリングみたいになっているのかなと思います。)




入手時に取り出し不可能だったFDは、幸運にもシステムディスクで、しかも読み込みは正常動作しています^^
ベーシックなどの他、BIRD、BOY、CAT、というファイル名のゲームも付属していたので、ちょっと遊んでみました。




th_CIMG3693.jpg

th_CIMG3691.jpg

「MYSTERIOUS BOY」
ドンキーコングタイプのアクションゲームです。
ジャンプで敵を飛び越えたり、アイテム袋をゲットしたりしながら、出口を目指します。
アイテム袋にはガンや弓矢が入っていて、敵を倒すことが出来る。出口を開けるには、袋に入っているキーが必要。
また、袋の中身がボーナスだと、その時点で武器を失ってしまいます。




th_CIMG3702.jpg

th_CIMG3703.jpg

「Bird Crash! 」
ポンタイプのゲームです。
上下左右にあるタカ型のバドルをカーソルで操作し、ボール代わりに動く小鳥を跳ね返していきます。
小鳥を逃がさないように囲い込む雰囲気が独特で面白いです。このゲームは当時店頭で遊んだような気も。




th_CIMG3695.jpg

th_CIMG3701.jpg

「Pink Cats」
パックマンタイプのゲームです。
ネコから逃げつつ、花が咲くまで植木鉢に水を注ぎ続けます。
水が足りないと植物が枯れたり、ネコが植木鉢を割ったりするのでけっこう忙しいです。
キャラクターはマッピーやディグダグを思わせるカラフルなもので、見ていて楽しく、花が鮮やかに咲くと嬉しくなります。
ボーナスアイテムのケーキもおいしそうです。




ご覧の通り、SMC-777cの4096色中16色表示という能力は、8 Bitパソコン御三家(512色パレット中8色表示)とは一線を画す表現力を持っていました。
『遠山茂樹作品集・インタビュー』によると、80年代のナムコのゲームは、一時期このSMC-777をキャラクターのドット打ち機材として使っていたそうですが、実機を見るとそれも納得ができます。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

音楽や家族のアルバムと同じくらい良いもの・・・確かにそうかもしれませんね!

80年代までのレトロ機は、市販されている部品に交換することで修理できてしまう可能性が高いのが良いところです^^
デジタル機器ではありますが、そんなところになぜか暖かみを感じたりします。

No title

二名川 様

> 当時のPCを起動し、現役で動いている画面を見ると、一気にタイムトリップしたような不思議な気持ちに浸れます。あわよくばその感動が少しでも伝わればと画像をアップしていたところでした。

そうですね。音楽と一緒で懐かしい画像を見ると、その時の周囲の状況などを思い出しますね。そういう点から、皆が大切にする家族のアルバムと同じくらい良いものと思います。

昔のPCは残念ながら故障していくものなので、それを修理して再度動けるようにされる方々には敬意と感謝の思いがあります。

うれしいご報告でした!

strange17 さん、コメントありがとうございます。

レトロPCの記事に関しては、毎回、誰が見るんだ!?いやでも最低自分は見るからOK!
・・・ぐらいの気持ちで書いているのですが、思い出を呼び起こす一助になれたようでうれしいです。
Mysterious boyは内容がオーソドックスなだけに、検索の手がかりも少なかったと思われますが、記憶のビンゴにたどり着けたのはおめでとうございます^^

当時のPCを起動し、現役で動いている画面を見ると、一気にタイムトリップしたような不思議な気持ちに浸れます。あわよくばその感動が少しでも伝わればと画像をアップしていたところでした。
そこに今回のコメントをいただけたのは、レトロブログ書いててよかったー思えた一瞬でした。
こちらこそ、ありがとうございました!

なつかしい画像をありがとうございます

昔、父が持っていたSMC-777のゲームをおぼろげに記憶していましたが、いくつか検索するうちにそれがMysterious boyであったことを知りました。

そしてMysterious boyで検索をかけて、こちらにたどり着きました。Bird CrashとPink Catsも非常になつかしいです。

画像を掲載していただき感謝いたします。
プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク