第8回 ROBO-ONE Light


th_CIMG3508.jpg

第8回ロボワンライト&第24回ロボワン予選に出てきました。




ロボワンライトの第1回戦のお相手はひてん2号。
ひてんはたしか初代がロボゼロの冊子でも紹介されていて、第3回大会の優勝機です。
その後別オーナーによる後継機の活躍を経つつ、今回は再び初代の立地有無(リチウム)氏が完成度をグンと高めた2号で参加されました。

対するゼムネスは、全体的なスピードアップを図り、相手から見てマトが小さくなるよう横にかまえ、前後移動でヘラを避けつつ、なるべく接近する作戦を用意していましたが・・・

先日アップした動画でガシガシ歩いていたのは幻で、また歩けなくなっていました。
今回の反省は、膝のリンクギアを過信してサーボに無茶な要求をしすぎたことです。
モーターパワーの限界で使うなという事はGIYさんにもイガアさんにも教えていただいていたことなので、
もうすこしソーッと動かすように調整していきたいと思います。

遅くても安定して歩ける >(越えられない壁)> 欲張ってさっぱり歩けない

ですもんね。失敗する可能性があるものは失敗する。一度でもコケたことがあるロボは本番でも必ずコケる。常識です。

その後ひてん2号は準優勝。おめでとうございます!


ひてん

びよーんと腕のリーチが伸びてきて、どうやって攻略すればいいのか分からないほど強いひてん。
足はジュラルミン製で、細く見えてもたわんだりしません。すごい!




ロボワン予選
もう前にはちゃんと歩けなくなっていたので、なんとか歩ける後ろ歩きで挑戦。
ジョイボールは正確に↑にレバーを入れるのが難しいので、少し練習しました。
が、後ろ向きということで上下持ち替えての挑戦となりました。

持ち替えているので、全てがリバースになり、結果的に通常と同じように操作出来るよう、
自分向けのフールプルーフを設定していたつもりでしたが、操作ミスで落下。
またひとつロボワン名物を体験できました。




ライトの出場はもう4回目となり、もはや初心者は主張できず、単にヘタで弱い人になりました。ぐぬぬ。
次回からは、電源を入れればサーボがヘタっても電圧が下がってもそこそこのスピードでちゃんと歩ける歩行!
を課題に、調整を進めたいと思います。明日から本気だす。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

宣伝:電子出版しました。
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク