FC2ブログ

3Dプリンタの復活

th_IMG_1778.jpg



引っ越しの時にUSBを抜いて以来放置気味だった3Dプリンタ(PRINTUSのCUBIS CBS-150)をようやく再接続しました。
OSも新しくしてしまっていて再設定が必要だったので面倒だったんですよね。
メーカーはもうなくなっちゃいましたし。。。



以下の自分の過去記事を参考にしつつ、追加で自分用のメモにしていきます。
http://fc2canned.blog54.fc2.com/blog-entry-1197.html
http://fc2canned.blog54.fc2.com/blog-entry-1271.html
http://fc2canned.blog54.fc2.com/blog-entry-1219.html
http://fc2canned.blog54.fc2.com/blog-entry-1328.html

ほとんど内容を忘れてますはい。
マニュアルをなくしちゃったかと思いましたが、本体を購入した時に付属していたUSBに残っていたのでセーフでした。



プリント出力とスライス用のソフトのRepetier-Hostについては、サイトでDLできる最新版も使えました。
https://www.repetier.com/download-now/



FTDIが認識しない問題にも悩まされましたが、HighSierra化で解決。(でもUSBケーブルが悪かっただけかも。)



原点調整やらオイル注しやらのメンテナンス。
普段設計につかうノート以外にデスクトップにもSketchUpを入れたり、プラグインを入れたり、Airdropを準備したり。
ここまででも1日がかりの作業に。



te.png
さっそく出力してみます。
今回はこのコブシのパーツ。
想定では見栄えのわるいプリント樹脂でざっくりとつくり、そこにCNC加工したアルミ板をネジ付けしてカバーとすることで、
見栄えを良くしていこうという考え。
さらなる将来的には握れるようにしたいです。



gu.png
かっこよさはさておき、まずはアルミカバーなしのバージョンを出力。
STLがちゃんとスライスされない問題に悩まされましたが、Sketchup上でオブジェクトをグループ化してからSTLにしたら解決できたようです。



なんどかモジャモジャ出力に悩まされながら、PLAの良い感じの設定を見つけました。
・ものによるが少なくとも今回はブリムなしでOK。
・でもスティックのり(しわなしPIT)はちょっと塗る。
・ベットを70度に熱するのは1層まで。あとは常温まで下げて良い。



th_IMG_1779.jpg
無事コブシパーツが出力できました。
我が家の3Dプリンタ完全復活!メーカーは消滅したけど完全復活!



積み残しとしてはマニュアルの読み込み。
こちらの設定が悪いのかRepetier-Hostは設定したつもりではない温度になるのが大きな課題です。
こちらは手動で温度設定ボタンを押すことで回避できてはいます。
スポンサーサイト



テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

SUmake2017へのrbプラグイン導入


Sketch Up make 2017などに、.rb形式のプラグインをインストールする方法の自分メモ



SketchUpはちょっと前のバージョンからプラグインのインストールがしやすくなっていますが、
Sketchup上でのインストールでは.rbzしか受け付けず、.rbはそのままではインストールできません。
でも、ちょっと工夫するとインストールできるようになります。



①.rb形式のプラグインファイルを準備します。
②そのファイルをzipで圧縮します。
③拡張子を.zipから.rbzに書き換えます。

rb.png

④ツールバーのたぶん一番右側にあるルビーアイコンの「機能拡張マネージャー」を開きます。
⑤.rbz化したプラグインファイルを読み込めば完了。

プラグインにもよるかもしれませんが、簡単なものならばSketchUpを再起動せずにプラグインしたツールが使えるようになります。

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

防音ケース用のトグルクランプ

th_IMG_1773.jpg



部屋の片付けがてらやり残したことをやっていくシリーズ。
今回はCNCの防音ケースの仕上げです。



自作の防音ケースですが、小さな隙間が閉じず、その隙間から音が漏れてくるのが弱点です。
手で蓋をぐっと抑えるなど、隙間をぴったり埋めたときの防音効果は絶大です。
ですので、この隙間を埋める小さくて扱いやすいレバーのような金具が欲しいなと思っていたところでした。



これぞという金具は、通販で購入した「uxcell トグルクランプ 4001 2個入り」というものでした。
このトグルクランプの良い点は、
・使用するネジ穴が大きい(太いネジを使える。M3ぐらい。)
・ホームセンターで売っているような小箱用のパッチン錠とくらべてがっしりしている。
・ネジ止め後に、締め上げ強さをネジで調整できる。
というところです。
(以前はパッチン錠を使っていたのですが、ちょっとこれなじゃない感がありました。)

そんなお正月の続きでした。

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

.NESファイルを実機で遊ぶ


前回、ROMの吸い出しまで成功したので、その勢いで吸い出したROMを実機でプレイするところまで進めたいと思います。




th_IMG_1758.jpg

今回は「EVERDRIVE N8」という機器を使用します。
これはフラッシュカートリッジなどの特殊なチップを使用することなく、.NESファイルを実機で再生できるものです。
実機プレイのハードルをグッと下げてくれる逸品です。
.NESファイルを入れたMicroSDカードをカートリッジに刺して使う方式になっています。
(少し前に入手したものなので、今入手できるかどうかはわかりません。)




最初にMicroSDカードの準備が必要になります。

①MicroSDカードをフォーマットします。
 私は8GB/CLASS4のカードを、CANONデジカメで物理フォーマットしました。

②カードにOSを入れます。
 公式サイト該当DLページから、「nesos-v16.zip」など適当なものをDL&解凍
 →SDカードの第一階層に「EDFC」というディレクトリを作成し、その中に解凍物を入れます。
 ちなみにこの時、BIOSは不要です。

③これで基本はOKなので、SDカードをEVERDRIVE N8に挿し、ファミコンで起動します。
  SDカードとの相性があるようで、私の場合は最初、OS initから画面が進みませんでした。
  第一階層(「EDFC」と同じディレクトリ)に適当な画像ファイルを配置してからOSを入れたところ、
  カードを変更せずともうまく動くようになりました。これ結構大事なコツだと思います。




th_IMG_1760.jpg
起動するとこのような画面になります。JPGファイルはSDカードの読み込み対策で入れたもので、EDFCが本体です。

【操作方法】
・十字キー:カーソル移動
・Bボタン:エンター、選択ボタン
・Aボタン:キャンセル、戻るボタン。
・スタート:すでに選択されたゲームの起動。


th_IMG_1761.jpg
ディレクトリもPC上で自由に作成でき、認識もされます。「EDFC」の下に「ROMS」というディレクトリを作成し、そこに.NESファイルを入れました。.NESは大文字で入力しておく画面上でも綺麗に表示されます。(小文字でもゲームは起動します。)




th_IMG_1763.jpg
有志によってカリカリにチューンナップされたグラディウスACも再生できました!
グラフィックが大幅に向上し、オプションも4つOK、その他演出もACそっくりになっています。
パッチを当てる順番やツールなどなかなか大変でしたが、調べると出てきます。

参考URL)
→・グラディウスAC公式
→・パッチを当てる順番:Death☆です/「グラディウスACをMMC3からMMC5に変換」リリース★です
(raAC2007_op4_140727.xdelta3まで。)
→・.xdelta3のパッチの当て方:2ch:https://kanae.5ch.net/test/read.cgi/gameurawaza/1256407546/l50
(xdelta3のツールをDL後.nesファイルと.xdelta3ファイルを同じディレクトに入れ、そのディレクトリ上でreadmeの文章をコマンドプロンプトで実行。)




th_IMG_1764.jpg
アスキースティックにも対応しているので、揃えると夢かなってる感がすさまじいです。

EVERDRIVE N8にはいわゆる「どこでもセーブ」機能もついています。
設定画面でボタンをアサインすると使えるようになります。私はSTART+Aがセーブ、START+Bでロードとしてます。
(どこでもセーブ&ロードはNEWファミコンではうまく動いていますが、古いファミコンだと文字化けなどが起きていました。)




th_IMG_1765.jpg
エインシャントで公開されている.NESファイルの「みんなで守って騎士 アマゾンのダイエット大作戦」もバッチリ動作します!
→・みんなで守って騎士公式:https://www.ancient.co.jp/~game/mamotte_knight2/


th_IMG_1767.jpg
ファミコンとは思えないデカキャラが、美しくアニメーションしてくれます。
ダイエットに失敗すると衝撃の結末が待っています。




th_IMG_1771.jpg

ファミリーベーシックで制作された伝説のシューティングゲームも、実機で遊べます。
プログラム自体は国会図書館で複写済みなのですが、入力が大変だったので実機で遊べてませんでした。
→・http://www2.tky.3web.ne.jp/~yosshin/index.html">吉田研究所@世田谷

オプション&レーザーが爽快な「ZACNER II」
ひたすら巨大ボスと戦える「BOSS_TEST」
弾幕が辛い「V.V 電電」
の3本が遊べます!

どれもファミリーベーシックの底力を思い知らされる最高の作品です。(しかも面白い。)




本命はウィーザドリーです。実はFC版のウィーザドリーにはいくつかのバグがあり、修正するパッチを当ててプレイすることが可能です!(戦闘時に自キャラではなく敵キャラの防御力を使って判定をするというバグが有名です。)
修正パッチの場所が現在リンク切れになっており、探すのは大変でしたが遊べてます^^

KAZZOでROM吸い取り

th_IMG_1716.jpg


お正月中にやり残しとモヤモヤをいろいろ消化してしまうシリーズ。
今回はファミコンカートリッジのROM吸い取りを実施します。

使用機材は2013-01-01と書いてあるKAZZOクローンです。当時通販で購入して以来、初めて動かします。
KAZZOというのはオープンソースのROM吸い取り機器で、ドライバと書き込みソフト(unagi,anago)が公開されています。
使ったのはマックブックのOSX+windows7です。(XP版も試しました。)

①KAZZOおよびunagi,anagoの公式サイト
https://ja.osdn.net/projects/unagi/wiki/kazzo_ja

②ドライバをDLできるサイト
https://zadig.akeo.ie/downloads/

③ROMのリストデータをDLできるサイト
http://bootgod.dyndns.org:7777/xml.php




ドライバをインストールしてあとは繋いでソフトを起動すればうまくいくかなと思いましたが、そうもいきませんでした。
何回やってもreader open errorと表示されるばかりでどハマり。
万事休すかと思いましたが、検索していろいろ試した結果、なんとか吸い出し成功まで持っていけました。




まずドライバのインストールから。
kohacraftのblogの「自作kazzoでファミコンカセットからゲームが吸い出せました」の記事を参考にさせていただきました。

最初にドライバの入っていない状態でKAZZOを接続。機器自体は認識されますが、ドライバ不在の状態となります。

次に②のサイトから手持ちのwindows7に対応しているzadig-2.4をDLします。(ちなみにXPの場合にはXPと書いてあるもので動きました。)
インストーラ
開くとインストーラーが起動しますので、中央の矢印を押して「libusb-win32」を選び「Install Driver」をクリック。kazzoのドライバーがインストールされます。


認識
正しくインストールされると、デバイスマネージャーにこのような表示が出ます。




いよいよ吸い取りソフトのanagoを使います。
さきほどの①のサイトから、unagi_client_windows_060.zipをダウンロードします。
解凍してanago_wxを開き、もし問題なければこれで吸い取りを成功してしまいます。




うまく動くように、調整をしていきます。

◇ROMリストの追加
③のサイトから、ROMのリストデータをDLします。自分が試した時点でDLできたリストは「NesCarts (2017-08-21).xml」となっていました。このファイルをanagoと同じフォルダに移動しておき、さらにanago.cfgを開いて最後に「dump.database=NesCarts (2017-08-21).xml」の1行を追加します。
これをやっておくと、ROMを読み込んだ時にカートリッジの内容を自動判別してくれるようになるようです。

◇PIDを合わせる
自分がそうでしたが、手元のKAZZOの機器IDがanagoの設定と合ってない場合があります。
その場合、anago_wx.exeのファイル内容を書き換えることで動くようにできます。

PID.png
デバイスマネージャーからハードウェアIDを調べると「PID_05ED」と書いてあります。これがたぶん手持ちのKAZOOの機器IDです。

レトロゲーマーZさんの記事「FC Dumper (FCダンパー) でファミコンカセットからROMを吸い出してみる その5 改造編」を参考に、バイナリエディタで認識IDを書き換えます。
「dc 05 00 00」を検索して3番目にヒットするアドレス01E245の数字を、dcからdeに変更します。




微調整が済んだところで、実際に読み取りをしてみます。
カートリッジのKAZZOへの差し込み方向ですが、
カートリッジのオモテラベル面を見ている時に左側手前のピンがカートリッジの1番ピン(グラディウスの場合、左右ではKonamiロゴがある側、裏表ではイラスト面側が1番ピン)となりますので、基盤にピン番号が書いてある場合には番号を合わせます。




読み込み
anago_wxを開いて、ROM imageの欄に仮の名前(.nesと拡張子を入れるとたぶん便利)を入れ、dumpボタンを押してみます。
プロセスバーがぐんぐん伸びて、あっという間に読み取りが終了します。
設定したROMリストも効いているようで、ゲームの名前やmapperも認識されています。




グラディウス
エミュレーションソフトのnestopiaで読み取ったゲームを開いてみます。
無事に動いているようです!よいぞよいぞ。

次は書き込みにチャレンジしてみたいです。




その他、この記事とは直接関係ありませんが参考にしたサイトです。
http://minoru.okinawa/archives/496
http://kohacraft.com/archives/1070867989.html
http://www.gamebank-web.com/page/5

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

亀戸七福神めぐり

th_IMG_1652.jpg


2016年は深川七福神、2018年は日本橋七福神、そして今年は亀戸七福神めぐりをしてみました。
個人的には「リアル奇々怪界」と思っているのですが、まあ何を言っているかわからなくても良いです。




th_IMG_1682.jpg
御朱印用の色紙を購入すると地図付きの封筒に入っています。地図はとても見やすい出来です。
御朱印は手書きが300円、スタンプは200円となっています。




th_IMG_1668.jpg
ある目的があったので、スタートは龍眼寺の布袋尊から。ちなみに東京ホテイソンと霜降り明星では断然東京ホテイソンの方が好きです。2019年のおもしろ荘ではぺこぱがダントツで若者のニーズを捉えていると思っていたので、ナンバーワンになってよかったですね。司会者が意外な結果ですと言ってましたが、世の中の空気を読めなくなってきているのかな?あとサツキのムネタさんは教祖感と言われてましたが厳密には宮台真司感ですよね。いや宮台真司も教祖感が強いということで、映画で教祖役をやっているので、どこかにこれらの顔の元ネタになる教祖がいるんでしょうか。

th_IMG_1672.jpg
さて、七福神めぐりではお目当のスポットはだいたい本堂の隣にこじんまりと佇んでいます。




th_IMG_1679.jpg
次は天祖神社で福禄寿。通りすがりの人に亀戸駅の方角を聞かれました。道聞かれ初め。私は道を聞きやすい顔をしているようで、よく道を聞かれます。今年もいっぱい人に道を聞かれるんでしょうな。

th_IMG_1678.jpg
ここでも七福神はこぢんまり。




th_IMG_1685.jpg
北十間川沿いを東に歩いて常光寺の寿老人参り。近所の公園で息子がポケットに入れていたお年玉のポチ袋をなくすという紛失初め。お前は昭和の子供か。20分ぐらいしてから戻ったところ、「ひょっとして何か落とされましたか?」と、子供を遊ばせに来ていたお父さんに声をかけられました。なんとその親切なお父さんがポチ袋をキープしてくれていました。大感謝。




th_IMG_1691.jpg
実は息子がポチ袋をなくしたのがその次の東覚寺でした。祀っているのは弁財天で、息子は「落としたポチ袋が見つかります様に」と祈っていたそうです。無事もどってきたので、再度お参りしありがとうございましたと大声でお礼を言ってました。水木しげるの漫画に出て来そうな話ですね。なんか昭和。




th_IMG_1688.jpg
むちゃくちゃ気になる「丹青通商」のお店。古書と電子部品という取り扱いの組み合わせに好き者感を感じずに入られません。
中を覗くとapple][が3台ぐらお無造作に積まれていました。ほほう。




th_IMG_1693.jpg
スポーツの神として売り出し中の香取神社は大にぎわいです。

th_IMG_1697.jpg
香取神社には恵比寿神と大黒神が祀られています。300円で御朱印を2つ一度にもらえるのでちょっと得した気分になれます。

th_IMG_1695.jpg
触って願いを込めるだけでSTRが+1されそうなパワーストーンも。パワーを吸い取られているように見えるのは気のせい。




th_IMG_1705.jpg
ラストは普門院の毘沙門天。
寂れた感じがまた味わい深いです。

th_IMG_1704.jpg
御朱印をどこでもらえるかちょっとわかりづらいですが、正解は右側の道を入ったところです。




御朱印をコンプリートしたところでお目当のホビーオフ亀戸天神前店へ。息子たちはカードゲームを物色。
店内のディスプレイはなかなか綺麗で、レトロゲーム系も少し置いてました。DSの充電器を1個300円でゲットできました。




th_IMG_1711.jpg
コンプリートした御朱印はこちら。背景にあるのは昨日復旧させたキャノンプリンタ。
そんな日記でした。

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

修理始め:MG5130の修理


新年あけましておめでとうございます。
年賀状の抜け漏れ分を印刷しようとしたところで、自宅のキャノンプリンターMG5130が故障しました。
本体に表示されたエラーは、6A81というもので、異物混入などが問題のようです。
ふつうはこうなると修理に出すか買い替えモードのようですが、
年末にインクを買い足してしまったので、インクを消化するまではなんとか使い倒したいところです。




ということで2019年の修理始めはレトロゲームではなくプリンターの復旧となりました。




検索してみると「CanonプリンターMG6230がエラー6A81で故障!意地だけで直るのか?」というなんともアグレッシブなエントリーが。
うまくいけばこちらの記事を参考に、泥沼にはまらず最小限の手順で修理を達成できるかもしれません!




CIMG2558.jpg

まず、インク交換の時に開く蓋をぱかっとひらいて、インクタンクのゴンドラ?を手動で左側にずらします。
するとビンゴ!上の写真のように向かって右奥のところのフィルム状の部品の周囲にインクがべっとりとついていました。
このフィルム状の部品はなんでしょうね。ノズルを拭き取るものっぽいですが・・・
とにかくこちらをキムワイプや習字紙などで丁寧にふきとります。
ティッシュでもいいですが、くれぐれもティッシュの繊維が残らないように気をつけましょう。




はい完全復活。所要時間約30分。
本年もよろしくお願いします。

良記事へのお礼の宣伝:第二種電気工事士の取得はECQ講習会で!

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

二名川(ニナガワ)

Author:二名川(ニナガワ)
ホビーロボットをレトロゲームが発展したものと捉えて楽しく遊び倒します。
子供が夢を見ている時間帯に稼働します。

電子出版
「コンソロイド ガイドブック」
46107_CONSOLOID_GUID_FACE_200.jpg





■作成中の機体
汎用ヒト型決戦遊具 ~RX計画~
RX-7.5 ゼロタンク
RRf-0.6 ゼニィ
RXM-7.9 ゼムネス
RX-7.5R 量産型ゼロタンク
RX-7.5Fp ファミタンク仮設1号
RX-7.7 ゼロキャノン
RX-7.8 ゼログレイ
SMS-0.1 ゼロライナー
以下続く

RX整備計画(仮)

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク